世界平和シリーズ 魂と身体からのメッセージ 自信メソッド・Smileゆり(柳澤由理)

仕事でうまくいかなくて凹んだ時に読むと、元気が出てくるブログです。

第三部039話 神武天皇社(神武天皇4)

その日は雲一つない青空で、

6月なのに真夏の日差しでした。

それでも爽やかに風はふいて

過ごしやすいと感じました。

 

橿原神宮前駅の改札を出たところで

友達のレンさんご夫婦が車で迎えに

来てくれました。

 

しばらく車を走らせると

「そが川」という道路標識がありました。

 

「そが川って、蘇我氏蘇我川って事ですか?

それって凄いですね。メッチャ日本史ですね!」

と言ってるうちに、

 

大きな建物のかたわらに車が停まりました。

それは「水平社」の「博物館」でした。

 

レンさんのご主人に案内してもらい、

神武天皇社に行きました。

 

水平社の隣に、

ちょっと坂になっている処をあがると

神武天皇社」がありました。

f:id:yulilove:20200812112307j:plain

神武天皇社の鳥居



神社ではよく外塀に

神社の名前が書いてある大きな看板が

バァンとかかげてある処や、

神社名ののぼりが幾つも並んでいるような

仰々しい処が多いのに、

 

この神武天皇社ときたら、

「え、ここなん?」

というさりげなさで存在し、

「え、お参りして良いんですかぃ?」

と言いたくなるような品位の良い気が

漂っていました。

f:id:yulilove:20200812112354j:plain

神武天皇社の拝殿



レンさんとレンさんのご主人にとって

ここはとても馴染みのある処だそうです。

 

境内は清潔感があり、地域の人々に

愛され、大切にされているような雰囲気が

伝わってきました。

f:id:yulilove:20200812112448j:plain

神武天皇社の由来



拝殿にお賽銭をして、手を合わせました。

 

神武天皇さんがいらっしゃる、という感じがしました。

 

「よぉ、来たな」と言って頂いたような気がしました。

 

「ありがとうございます。」とお礼を述べ、それから

「この後、あなたの息子さんが祀られている多神社に

お参りします。」と心の中で申し上げました。

 

すると「行くといいよ」と言われたような気がしました。

 

f:id:yulilove:20200812112531j:plain

拝殿の格子のすきまから覗く



そのとたん、とてもいい香りがしました。

なんだろう、この香り

高貴な方がいらっしゃる時は、こんなお香を

服に焚き染めてこられるんだろうなぁ、と

いうような感じの香りでした。

f:id:yulilove:20200812112628j:plain

奥に見えるものをアップ撮影



でも鼻で匂っている訳ではないのです。

匂いがしてる訳ではないのに、

香りがしている、という気がするのです。

お線香の香りとも違います。

f:id:yulilove:20200812112715j:plain

奥に見えた神武天皇社の社殿



あぁ、神武天皇さんがいらっしゃる、と思いました。

 

お兄さんの五瀬命がいらっしゃる竈山神社も

高貴な気を感じます。

 

こちらの神武天皇社は、はっきりと

皇室の風雅な感じがしました。

 

それでいて、

人々の住まう日常の「ケ」と

かけ離れることなく、

溶け込んでいる感じがとても

素晴らしいと感じました。

 

それから再び車に乗り、
神武天皇の御子息の名前が
ついている、多神社に向かいました。