愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

河合隼雄さんがタクシーに乗ると・・・

あけましておめでとうございます。

からだ通訳カウンセラー トラウマ解放セラピストの

柳澤由理です。

ワードプレスで書いているもう一つのブログに

新年のご挨拶とご挨拶の写真を載せています。

  ↓ ご覧ください。↓↓↓

rainbowlife.halfmoon.jp

      ☆彡

はてなブログは 私の中では

マニアっくな深い目のブログ

ということにして分けています。

       ☆彡

昨年12月に図書館で

「そういえば昔河合隼雄さんの本を

よく読んでたけどまた読んでみよか」と

借りてきました。

何冊もあったのですが、体がこれを読め!

と言ったのが三冊。

「生きたことば、動くこころ」

河合隼雄の カウンセリング教室」

「こころと脳の対話 河合隼雄茂木健一郎の対談」

の三冊です。

このなかで 度肝を抜かされるほど 驚いたのは

茂木健一郎さんとの対談の本「こころと脳の対話」(潮出版)です。

         ☆

河合隼雄さんが茂木さんに語ったことが ビックリ仰天!の

えええええええええーーー??????

ということでした。

         ☆

驚かされることは いくつも 書いてありましたが

その中で 驚くべきことは これです。

         ☆

 第二章の 箱庭と夢と無意識 の章のなかで

河合隼雄先生はタクシーに乗ると、運転手が突然

身の上話を始める、ということがあるんだそうです。

         ☆

茂木さんが「へぇー それは面白いですねー」と

返されましたが、お話を伺っていると、それは

尋常ではないものが ある、と感じられたようです。

         ☆

河合隼雄さんが言うには

私がタクシーに乗るでしょう。すると

  「私は、本当は別の仕事をしていたんですよ」とか

  話し出すんです。それで僕が「へぇ~」とか言うとね

  ブワーッと話が続いてきてね。それで曲がり忘れたりね(笑)

  まるっきり違うとこに行ってたりするんです。

  それでメーターを倒して「ここからタダで行きますから」

  とか言って(笑)

  そのあいだ、もうずっと、身の上話。

         ☆

私は へぇええぇ、そうか、やっぱり運転手は

お客さんが河合隼雄さんや、て、わかってるんとちゃうかなー、

と思ったら 茂木さんがうまいこと、そこを本の対談で

質問してくれてはって。

         ☆

茂木健一郎さんの質問

河合先生って わかってのことですか?

河合隼雄さんの答え

いやいや、全然知らんのです。

茂木健一郎さんのつっこみ質問

わからないで、なぜか身の上話をするんですか。

河合隼雄さんの答え

うん、しゃべりたくなってくる。

  だからこの頃タクシーに乗る時は怖い顔して乗ってるんですよ(笑)

  ちょっと意識してね。

  そうじゃないと、うっかり なんかちょっと

  「ふんふん」なんて相づちすると、

  ブワーッと 始まっちゃうから。

茂木健一郎さんの質問

その相づちとか口調ひとつで? すごい話ですね。

       ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

       ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

  これ、すっごい話。すっごい話。すっごい話。

  (くどい? ごめんなさいね)笑

            ・

人っていうのは、生きていて身体があるから、

その体をみて、あ、誰々さんだ、と わかります。

 でも 実際は

身体だけ じゃなくて その人がひとりそこにおられたら

その人の在り方が その周りに醸し出されます。

その人の雰囲気とか オーラとか 空気とか 無意識とかが

くっついて その「場」を作り出します。

            ☆

    河合隼雄さんの場合は

    河合隼雄さんのまわりの空気に

    人の話を聞く という 場(field)が

    もうできあがっている、ということなのですね。

            ☆

だから、

ある人に会ったら なんか知らんけど

元気がでてくる、とか

ある人に会ったら なんや よー知らんけど

歌いたくなってくる、とか

ある人に会ったら なんか 知らんけど

一言 言いたくなってくる、とか

色々 ありますよねー。

             ☆

私は 子どもの頃

自分がどうか、ではなく、

相手の空気のなかにある 要求にこたえて動いていました。

でも それは 相手の意識の自我での要求とは違っていたので

どうしたものかなー と 思っていました。

意識レベルの要求は 言葉をつかって、の、話になるのですが

私は難聴だったので、言葉をつかった話は聞こえなくて

相手の無意識の要求に 答えたりしていたのです。

     その結果 相手がイライラして どこかに怒りをぶつけたかったら

     私がミスをして、相手のイライラが解消されるように、と

     いうことをして。

     でも、本当のところ、イライラをぶつけて無意識のレベルで

     お礼を言われても相手本人の意識は「おまえはだめな奴」

     と思うのだし、私は馬鹿にされるし、

     散々な結果になりました。

     無意識というのも 浅いレベルの無意識に動かされると

     ろくなことになりません。

     もっと深い意識のレベルに合わせると

     落ち着いていられるのですが。

             ☆彡☆彡

     それより意識の強さ、自我をしっかりさせることが

     私には大事なことだったのです。

     今は、相手の無意識のレベルの要求にこたえる

     というような危ないことはしていません。

              ☆彡

河合隼雄さんの本に書いてあった、凄いことは、他にも

あるので、またそのうちに 概略だけでも紹介します。

          ☆彡 ☆彡

今年は セッションをどんどんやっていって

スカイプでの 個人的セミナー6回コースなども

開催するつもりです。

どんどん 皆様のお役にたてるように していく

つもりです。

どうぞよろしくお願い致します。