セラピストのつぶやき トラウマとからだの記憶解放 柳澤由理

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

萬福寺の驚き(3) 七福神の布袋さんって実は・・・

宇治の萬福寺に行った時の

驚きを 書いています。

いくつかあるのです。

さて

3つ目です。

      ・

3つ目の驚きは「ぴかぴかのお腹」

     ・・・

三門をくぐって見えてくるのが

天王殿。

そこに金色のぴかぴかした「おなか」が

遠くからでも見える。

歩いていって拝見しますとそれは

ほていさん だった。

七福神の中の一人 の 布袋様、と

思っていたら、

なんと

弥勒菩薩

と 書いてあった。

   (??)え? どういうこと?

弥勒菩薩というのは お釈迦さんが亡くなられてから

お釈迦様が亡くなられてから、56億7千万年後の末世に現れて、

お釈迦さんが救いきれなかった民衆を救う仏様であり、

その56億7千万年後の遠い未来までは、いかにして救おうかと

思案されている、そうな・・・・。

           ・

京都の太秦 広隆寺の国宝第一号の弥勒菩薩が有名ですよね。

          ・

で、

この布袋様は 弥勒菩薩の化身の 一つの姿

なのだそうな!

         ・

そ、そうだったのかー。

この ぴかぴかと光った出っ張ったお腹の

布袋さんが 弥勒菩薩の化身だったとは

知らなかったなぁ~。

     ・・・・・・・・・・

調べてみました。

Wikipediaによりますと

布袋が死の間際に残した偈文が、

彌勒真彌勒 分身千百億(弥勒は真の弥勒にして分身千百億なり)
時時示時分 時人自不識(時時に時人に示すも時人は自ら識らず)

布袋和尚、景徳傳燈録

と言われる。このことから、実は布袋は弥勒菩薩垂迹、つまり化身なのだという伝聞が広まったという。

そうかぁ。

へぇー。

この萬福寺においては
弥勒菩薩の化身として 布袋さんがいてはります。

    ・

これはまだ続きますね~。

 

萬福寺

http://www.obakusan.or.jp/index.html