愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

ひろみの広い空13

「うん、そうだね。ひろみも、ひろみのお母さん、くにちゃんも、二人とも頑張っているね。」

「うん、めっちゃ頑張ってる!」

「じゃあね、今度はリラックスしてみて。」

「え? リラックス?」

「ひろみが大人な気持ちでいる時、お母さんも大人の世界を感じていて、

ひろみが甘えたい時に、お母さんも甘えたい。でも甘えちゃいけない、と言う風になるんだから。」

「そうか、わたしがリラックスしたら、今度はおかあさんもリラックスするかもしれないってこと? あ、わかってきた! じゃあね、わたしが疲れてる時、おかあさんは『情けない』ってわたしに言うのは、おかあさんも疲れてるってことなんだね?」

「そうよ。ひろみとお母さん、くにちゃんは、バイオリズムがおんなじなんやわ。だからぶつかるの。」

「同じ者どうしはわかりあえるんじゃないの?」

「そうよ、本当はそうなのよ。だけど、疲れてる時に疲れてる人をはげまそうと思っても、頑張らないといけない!と常に厳しく生きてきたら、はげましが厳しさになってしまうの。」

「ふぅん。わたしとお母さんはリズムが同じ。それと、リラックスしてみる。この二つだね。」

「そうよ。」

「おばさん、凄い! どうしてこんなにお母さんのこと、わかるの? 凄いね!」

「ふふん。だてに、お母さんの姉、というのをやってきた訳ではないよ。」

「え? 難しい言い方、わかんないよ。」

「ごめんごめん。わたしはひろみが生まれるより前から、あんたのお母さん、くにちゃんの姉で、ずっとずっとくにちゃんを見てきたから、よくわかっているんですよ。」

「あ、そうかー。」

「じゃあ、今日は、もう山を下りるよ。日が暮れてしまうからね。」

「えー、もうこんな時間?」

「話しこんでしまったからねー。さぁさぁ、片づけて。」

ひろみはおばの史子の片づけを手伝い、荷物を二人で分担して運んで史子の家まで戻って行きました。