世界平和シリーズ 魂と身体からのメッセージ 自信メソッド・Smileゆり(柳澤由理)

仕事でうまくいかなくて凹んだ時に読むと、元気が出てくるブログです。

第三部066話 冷静で温かな視点で(日本人の知らない恩2)

f:id:yulilove:20201117114440j:plain



近所にできたスリランカ料理のお店
RASAPIRI
インスタグラムはこちら )
で教えて頂いた・・・・

f:id:yulilove:20201117114715j:plain



『戦後の日本を慈悲と勇気で支えた人

スリランカのジャヤワルダナ大統領』

https://amzn.to/3jSA6ve
(野口芳宣よしのり・著 銀の鈴社)

という本には、このように書かれていました。

 

日本は一九四一年に東南アジア地域に対して「大東亜共栄圏」というスローガンを掲げて「東南アジア地域・諸国は、欧米の植民地支配に従うのではなく、同じアジアの日本と共に力を合わせて栄えていこう」と呼びかけた。

 

その頃、日本はアジアの中のただ一つの独立国であり、かつて日清・日露の二つの戦争に勝っていたから、長い間欧米のひどい植民地支配に苦しめられてきた現地とその周辺国には、このスローガンは「きっと、日本が欧米の宗守国(そうしゅこく)に対して、自分たちとともに戦い、解放・独立に導いてくれるものだろう」と映り、歓迎されたところがあった。

 

ところが、日本は、その年の十二月、太平洋戦争を開戦すると大東亜共栄圏を!」と呼びかけていたにもかかわらず、東南アジア地域・諸国を次々と戦略し、占領していった。

 

しかも、その支配は、独立を認めず、また住民の独立運動などを抑えつけ、おまけに欧米の植民地政策のもとでそれなりに出来上がっていた経済のしくみも破壊したので、結局は欧米の植民地政策と変わらないもの、あるいはそれ以下のものになっていった。

 

日本はこの戦争を大東亜戦争と名付けていた。その戦争のもくろみは、アジア大陸の満州・朝鮮・中国・東南アジアからインド・西太平洋の島々までを占領して国土を広げ、支配下に収めて、食料増産を図り、資源と労働力を確保し、国力を増し、・・・というものだった。

 

これに対して、そうはさせまいという「敵」つまりアメリカをはじめとする連合国は、この戦争には必ず勝って日本をこうしてやろうとねらい、戦後処理について考えたり相談したりしていた。

 

戦後の日本を分割して統治する案というのがアメリカ軍部の中で発案された。

 

北海道・東北区域ーーソ連

東京ーーアメリカ・イギリス・ソ連・中国の四カ国による共同統治

関東・中部区域ーーアメリ

近畿区域ーーアメリカ・中国

中国地方・九州区域ーーイギリス

四国区域ーー中国

沖縄ーーアメリ

(『米国の日本占領政策 上・下」

五百旗頭 真(いおきべ まこと)・著 中央公論社より)

 

J.R.ジャヤワルダナ大統領は、一九五一(昭和二六)年九月のサンフランシスコでの講和会議で、各国代表の出席者に向かって日本に対する寛容と慈悲を呼びかけ、賠償請求権の放棄を宣言しました。

 

そして敗戦当時、アメリカ、中国、ソ連、イギリスの主張する「日本分断案」に真っ向から反対しました。

f:id:yulilove:20201124130027p:plain

pixabayからの写真

この勇気ある演説が口火となって、独立した自由の国、日本の戦後復興の第一歩が踏み出されました。

 

日本人として忘れてはならない、ジャヤワルダナ大統領の演説の主旨をここに書きます。

とても冷静で、かつ温かな視点で自由と平和な日本になるように、と訴えられています。

 

続く