セラピストのつぶやき トラウマとからだの記憶解放 柳澤由理

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

河合隼雄さん、プライバシーを守る

  • からだ通訳カウンセラー トラウマ解放セラピストの

柳澤由理です。

        ☆

河合隼雄さんといえば 日本にカウンセリング

というものがなかった時に 海外で勉強して

こられて、カウンセリグとか箱庭療法とか

普及に努められました。

        ☆

はじめのうちは そんなん科学じゃない

と ボロカス言われたけど

それでも 治っていかれるので、

だんだん 認められるようになってきた

ということが書いてありました。

        ☆

本当に なにもないところから された

というのは すごいことだなーと思います。

        ☆

そういうの、本当に感心して読ませて頂きました。

        ☆

河合隼雄さんの本を読んで すごいなぁと思うところは

いくつもありました。

前ページでも紹介しました「タクシーの運転手さん」の

話は すごいことやなぁと 思いました。

        ☆

あと、「プライバシー」について、です。

河合隼雄さんが日本に帰ってきて

日本でカウンセリングをしはじめた頃

その頃の日本には「プライバシー」という

ものがなかったのだそうです。

 「こどもがカウンセリグ

  カウンセラーに何と言ったか?」

それを こどもの面前で

親も教師も 堂々と カウンセラーの河合隼雄さんに

尋ねる、って ことがあったのだそうです。

   ☆(@@)☆ほんまかいなぁ~!

         ☆

     大体はこういうことでした。

         ☆

ある学生が 自殺未遂をした、ということで

入院している。

河合隼雄さんがカウンセリングで その原因を

本人から聞いて その理由を知る。

「そうか」と 思い、勿論 誰にも言わない。

すると

その後、その自殺未遂をした人の病室で

その本人がいる前で

その本人の親と教師と河合隼雄さんが顔を

付き合わせた。

その時、教師が河合隼雄さんに

「先生、この子の自殺の原因は何ですか?」と

臆面もなく 尋ねたのだそうです。

        ☆

それで河合隼雄さんは

「それが、わからんのです」

と 白を切って すっとぼけたそうです。

        ☆

すると 教師が

「わからんのですか?」と聞くので

河合隼雄さんが

「はい、カウンセリングしたのですがわからんのです」

と言うと

教師が「カウンセリングとか何とか言っても わからないんですか」
と なぜかうれしそうに言うので。

それで

河合隼雄さんが

「そうです。人の心っていうもんは なかなかわからんもんです」

と言って、

「心はわからないもの」というように方向を変えて

親も教師も 矛先をそっちに向かわせた、というのです。

         ☆彡

 うむー、それは、凄いことや!

 と思いました。

その場で、河合隼雄さん以外に

入院患者である、自殺未遂した学生だけ

河合隼雄さんが 口外しなかったことに

気が付いてるのです。

          ☆彡

「カウンセリングの河合先生は 黙っていてくれた」

と言うと そのクライアントの学生と 河合隼雄さんの

間に 絆ができるのです。

          ☆彡

まわりから カウンセリングなんてあてになりませんね、と

やじられながら、

いやー人の心はわからないものですよ、

と お茶を濁しながら さらりとかわす。

          ☆彡

うむー、おぬし、よくやりよるな、ってなもんです。

 あの、

プライバシーなんてない時代。

私が小学生の頃なんて、ほんまにそうやったと思います。

 子どもの問題は 親と教師が 隠し立てせずに

 そのまんま 面前に おもてだって 話し合えばいい、

 とされていた時代。

          ☆彡

でも

その自殺未遂した学生は 同性愛の人だったのだそうです。

いま、ではなく、当時ですから

それは うむーーー おもてに出せないやろー。

 

河合隼雄さんは プライバシーがない時代において

プライバシーを守るということを 守ってこられた

というのは 素晴らしいことだ、と思いました。