読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

一緒に仕事するのが嫌だと感じる人がいる時

身体こころ通訳カウンセリングの

柳澤由理です。

仕事で一緒に仕事するの

イヤやーって言いたくなる人

いてますねー。

どうしても

そりが合わない、

とか

神経が逆なでさせられる、

なんや、がさつな人やなー、とか

思ってしまうような人

いてますねー。

・・・・

それはね、

思ってしまうの、

思っていいんです。

・・・・・

え?

思っていいの?

と思ったあなた。

・・・・

はい、いいんです。

まず、そう思ってもいいんです。

だからと言って

相手が悪い、とか

そこまでは考えないこと。

自分のなかで

そう感じたもんは感じた。

と、

それだけにしとく。

・・・・・

こんなん考えたらあかん

こんなん感じたらあかん

と言うのをやめて

ただ感覚を受けとるだけ。

・・・・・・

これが意外に大事です。

なんでかーて、言うと

「こんなん思ったらあかん」

と言う思いは

自分の感じたことをイカンと

思うことです。

・・・・

それを沢山やっていくと

自責の念がたまり、

ひっくり返るんです。

・・・・・

するとどうなるか?

・・・・・・

相手が悪い!

になります。

・・・・・

自分に「あかんやんか」

と言うか

相手に対して「あんたがあかんのやで!」

と言う気持ちを向けるか、

になってしまいます。

・・・・・・

それは

空気が悪なりますね。

・・・・・・・

そやから

相手に対して「む」と思ったら

それはそれだけにしとく。

そして

そんな風に思いながらも

一緒に仕事してる私。て

エライ!

っていう風に思ったら

ええんですわ。

・・・・

自分の功績にしてしまう。

それがはじめの段階です。