セラピストのつぶやき トラウマとからだの記憶解放 柳澤由理

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

二人の女性3 聖子と明菜

A子とB子。

二人の女性の 幼馴染で腐れ縁の友達関係を

紐解いていっています。

「もう少し整理してみましょうか」

紙に絵を描きながら説明しました。

f:id:yulilove:20170214141044p:plain

   ↑B子         ↑A子

こうなっています。

 

 

注意
「明菜百恵タイプ」というのを
「明菜タイプ」にまとめます。

 

聖子が ハート   明菜を ダイヤに 例えます。

 

ハートのクィーンと ダイヤのクィーンが います。

 

ハートのクィーンは 本当はダイヤなのだけど

「ハートがいいんだぁ!」と言って、

ハートのマネをして ハートの仮面をつけていますが

本当は ダイヤのクィーンです。

 

ダイヤのクィーンは 本当はハートのクィーンなんだけど

「私はダイヤで生きるんだぁ!」と決めて

ダイヤのマネをして ダイヤの仮面をつけていますが

本当は ハートのクィーンです。

 ・

B子

この図の真ん中の線から下は 本当の姿です。

(黄)ハート仮面のクィーンは 実質は(赤)ダイヤなので、

目の前にいるダイヤのクィーンがにせものだ!と

かんづいていて、ヤイヤイ言います。

A子

(黄)ダイヤ仮面のクィーンは 実質は(赤)ハートなので

目の前にいるハートのクィーンがにせものだと

感づいていて、あんたおかしいと言いたくなります。

ここまで説明した時A子さんは

「うんうん、わかる」と言いました。

「そうなんだぁーー。だからふたりで

 やりあいっこしていたんだぁ!」

私は言いました。

「これ、ここで注目してほしいのは

水面下の『本当の姿』はふたりとも気づいていない

っていうことです。

「え? どういうこと?」とA子さんは

尋ねました。

「例えば B子さんは実質ダイヤ(明菜)なのに

 ダイヤ(明菜)的な自分がイヤで、

 ハート(聖子)をめざしておられたんでしょう。

 同じように

 あなたも ご自身がハート(聖子)的なのに

 自己価値の低さから それを受け入れられなくて

 私は絶対にダイヤ(明菜)だぁーーーと磨いていかれた。

 本当の自分を知らなかったのです。

 それはふたりとも本当の自分を知らなかったのです。」

A子さんは うなづいていました。

「そうそう、確かに私は先生に言われるまでは

 自分には聖子タイプのひとかけらもないもの、

 って思い込んでいました。」

「そう。ですから

 それはそのままよく見れば、

 互いの良さを知っていたともいえます。

 無意識かもしれませんが」

と言いますと、

A子さんは「え? うそ! 私とB子は

 喧嘩ばっかりしていて 互いの良さなんか

 知っていませんよ。互いの悪いさばっかり

 知っていますよ。」と言いながら腕を組みました。

f:id:yulilove:20170214154606p:plain

「A子さん、あなたはおっしゃいませんでした?

 B子さんのアイドルみたいなふりを見て、B子らしくない、と

思われたんでしょう。

そしてB子さんの良さは自然体で 言いたいことを言う時の

パワーをそのまま出すことである、と知っておられますね。

あなたA子さんはB子さんのもともとの持ち味である、

明菜さん的なあり方を、あなたは目指されました。

B子さんはあなたをみてどこかで聖子的なものを

本質的にもっているものとしてとらえていました。

聖子さんになりたがったB子さんはどこかで

あなたの本質的な聖子さん的なところを認めていた

のだと思いますよ。

頭では認めたくないのかもしれませんが、

潜在意識では、あなたもB子さんも互いを

互いの魅力を認め合っていた、

だからこそ

羨ましくて、やりあいっこしていた

ということに

なります。」

そう申し上げましたら、

A子さんは、整理しつつ驚きつつ

言いました。

「え! わたしはB子が 互いに認め合っていた!

 え! わたしとB子は 互いに羨ましがっていた!

 だから

 わたしとB子は 互いにやりあいっこしていた、

 っていうことなの?

 本当は互いに

 思いが交差していた、

 認め合いながら、羨ましがりながら、

 足のひっぱりあいをしながら

 こうしたらいいのよ、と 言っていた?」

「私の見立てでは

 そういうことになりますねー」

と言いましたら、

A子さんは

「それじゃあ、いままでB子と二人

 仲が悪いようないいような、

 不思議な関係だったのは

 そういうことだったのか」

A子さんは「しばらく考えてみる。」と言って

その場から立ち去りました。

その後A子さんから季節のお便りのはがきが

届きました。

その中にこういう一筋がありました。

「先生、先日はB子と私の関係のこと

 話してくださり、ありがとうございました。

 あれは こたえました。

 先生の話だと、わたしの方こそB子にジャッジ

 しているんだよ、ということなんですね。

 それを自覚したとたん、B子があまりわたしに

 きびしく言わなくなりました。そしてわたしも

 わたしはわたし、B子はB子の生活があるんだ、

 という当たり前なことに今頃気が付きました。

 先生、どうもありがとうございました。」

 

 

 

 

最後に

この記事は似たケースが数件あるものを

混ぜてひとつの物語として作り直したものです。

フィクションですけど、いくつかの実話をもとにしたものです。

ですからA子もB子も架空のものです。