愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

二人の女性2 聖子と明菜

A子さんがぐちをこぼす、

幼馴染で腐れ縁の友達B子の話から

思いもかけない話題が出てきました。

前記事では

A子さんはB子さんからずけずけと言われて

傷ついてきた、というのです。

そして

物事をはっきり言う

しっとりドスの利く明菜百恵タイプのB子は

ふわふわぶりっこの聖子タイプをめざしていて

なりきれないでいるようだ、

ということでした。

そこで私はA子さんに尋ねてみました。

「それじゃあ、A子さん、あなたはどうですか?

 あなたは松田聖子さんに憧れるとかそういうのは

 ありましたか?」

A子さんは言いました。

「そうねー、私は聖子ちゃんに憧れたけど、

 聖子ちゃんになるのは無理~~と思いました。」

(ほぉー、だから「松田聖子をめざすB子」

 に対して辛口になる訳だ!)

 と私は内心思いました。

A子さんは なおも続けて

「それでね、私は明菜ちゃんと百恵さんの唄を歌って

 ちょっと どすを利かす風な、雰囲気のある

 歌い方をマネしてみたりして。(笑)

 聖子ちゃんにも

 明菜ちゃんにもなれる訳ないわよねー

 ましてや百恵ちゃんになんてなれる訳ないない」

と言いながら笑っていました。

それで、ふっと気がついたことがあって

A子さんに確認してみました。

「A子さん、

 あなたは聖子さんをめざすのをやめて

 明菜さんをめざされたんですね。

 でも明菜さんにはなれない、と言われましたね。」

A子さんは「はい、そうです、馬鹿みたいですけどね」

と答えました。

私はちょっと切り込んでみました。

「A子さん、それでB子さんは

 あなたにうるさいんだと思いますよ。」

「え? どういうことですか?」

とA子さんは尋ねました。

「A子さん、どっちかと言うと

 あなたは 明菜タイプではない、聖子タイプです。」

と私が言うと

A子さんは「えええええええ!」と驚きました。

「A子さん、あなたは

 お花畑にいる少女タイプですよ。」

と言いますと、驚かれていました。

「いいですか、整理してみます。

 A子さんは聖子さんタイプなのですが、

 自覚しておられません。

 そして明菜さん百恵さんを目指されました。

 一方

 B子さんは明菜さん百恵さんタイプなのですが

 自覚しておられません。

 そして聖子さんを目指しておられます。」

A子さんは言いました。

「そうなるんですかー。私が聖子ちゃんタイプだなんてー」

私はA子さんに言いました。

「はい、A子さんあなたの雰囲気は つっぱりの明菜タイプ

 ではなくて、『赤いスイートピー

 お花畑の聖子ちゃんの雰囲気ですよ。」

A子さんはびっくりしていました。

「え、そうだったのーー。

 そしたら、私は私のままでよかった

 って言うことじゃないのーー。

 高校時代、中島みゆきさんの根暗な世界とか

 浸ったり、明菜のどこかしらつっぱりの

 どうせ私が悪いんでしょ、みたいな世界に

 浸ってたのにーー。

 聖子は無理だと思っていたのに、聖子タイプだなんてー!

 高校時代、暗い世界で悶々していたのは、何だったのーーー?」

その気持ちはわかるーー。わかるなー。

と思ったが、それは横に置いといて

A子さんに 切り込んでみた。

「A子さん、あなたとB子さんはお互いにやっていたのよ」

「え? 何をやっていた、というのですか?」

とA子は尋ねました。

(これ、まだ続きます)