読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

二人の女性1 聖子と明菜

いつもみていて腹が立つ相手

いますか?

・・・・・・・・・・・・・

人は自分の写し鏡と言います。

ちょっと複雑な鏡です。

・・・・・・・・・・・・・・

数年前のことです。

ある女性Aさんが

「私、いつも腹が立つんよ」

というので

「誰のことですか?」

と聞きましたら

「友達のB子」

と答えました。

そのA子さんと友達のB子は

幼馴染の腐れ縁の友達なんだそうです。

互いにけん制しあっているそうです。

はっきりと目に見えてジャッジしてくるのはB子で

A子さんはB子のパワーに押されて

嫌なことは嫌と言えないのだそうです。

それだったらB子との縁は切ったらいいのでは?

と思うのですが

なぜかA子さんはB子に呼ばれると会いにいったり

してしまうそうです。

少し話をお聞きして

なんとなくつかめました。

A子もB子も独身アラフォー同士。

立場が似ているもの同士で

一緒に遊びにいったりするのだけれど

B子の歯に衣着せない言い方で

「あんたはそこが駄目なのよ」とつっこまれる

たびに傷つく、というのです。

B子さんは

いわば 昭和のアイドルで言えば

中森明菜スタイル」ですね。

つっぱり、と言いますか

はっきりしてるんですね。

そしてA子さんは 話し方とか

立ち居振る舞いが「松田聖子スタイル」

と言いましたら、

A子さんは

「そう! B子は本当に中森明菜タイプ!

 百恵さんのタイプと言ってもいい。

 ところどころ

 話し声に どすが利いてる!」

と 大喜びです。

A子さんが持っているという

B子の写真数枚を見せて頂きますと

「あれ? 明菜っぽいけど、聖子路線?」

と 思いました。

B子さんの写真が何枚かありましたが、

ぶりっこ聖子路線の演出をしているのです。

その中で1枚だけ「明菜っぽい」ものがありました。

「これは?」と聞いてみました。

A子さんはこれを見て、

「あぁ、これはB子本人は気に入ってないけど

 まわりから好評な写真、ということで

 『あんた、どう思う?』と聞いて送ってきたの。」

と答えました。

それから声をひそめて

「だけどね、実は これが一番彼女の普段の表情を

 出している写真なんよねー。

 ほかのいかにもお姫様~の

 ぶりっこしてるのとは違うでしょ。

 これが彼女の普段のよさなの。

 明菜タイプなの。

 しっとりしてるから百恵タイプともいえる。

 本人はこれが気に入らないみたいなんだけど。」

と言いました。

それを聞いてわたしは言いました。

「A子さん、あなたは

 B子さんのよさを理解しているんですね」

A子さんはびっくりしました。

「え、なにを! いつも喧嘩の一歩手前で、

 仲良くなんかないんですけど!」

「まぁ、そうかもしれませんが。

 あなたはB子さんが本質的に中森明菜もしくは山口百恵みたいな

 しっとりしていてどすが利いてるタイプ

 だと見抜いていて、

 でもB子さんはどこかで自分がきらいで

 ふわふわの松田聖子さんタイプになりたいと思っておられる。

 あなたはB子さんが聖子ちゃん的なぶりっこされるのを見て

 『そんなの柄じゃないよ、

  あなたはあなたのまま行きなさい』と言いたいんですね。」

A子さんはそれを聞いて

「そう! そうなの! なんでカメラを向けられると

 ひと昔のアイドルみたいに、目をぱちくりとあけて

 きらきらお姫様~! てやるんだろう。と思っていたの。

 そのままのよさがでているこの写真もいいじゃないの、

 って思ったの。」

と言いながら しっとりした写り方のB子の写真を指差した。

そうか、思った通りだったか。と思った私は

A子さんに もうひと押し言ってみようかと思いました。

「それなら、A子さん、あなたもですよ。」

これ、続きます。