読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

家族の座 その2 座敷ワラピーちゃん

家族関係

きらきら からだ通訳カウンセラー トラウマ解放セラピスト

柳澤由理です。

 

yulilove.hatenablog.com

前ページからの続きです。

香川県まで月に一回通っています、オープンカレッジ

藤川教授メールマガジン「ファミリーコンステレーション」

について書いてあり、そこからの あぁ、そうか、と

思ったことについて書いています。

        * * *

自分の家族のなかに 何らかの事情で

生まれなかった家族、きょうだいというのがいた場合、

それを隠して過ごしていると、どこかにそのひずみが

あらわれます、ということについて書きました。

          *

          *

カウンセリングやセラピーで

昔の小さかった頃の自分がさみしい思いをした

という場合、

自分の小さい頃の自分 に 語りかけるという

ことをします。

その際、ぬいぐるみを抱っこして

そのぬいぐるみに向かって 

話しかける ということをします。

         *

それを思い出した時、

そういえば、ぬいぐるみ!

いつも 寝室に 座敷わらびーちゃんが二子いて

それが主人とわたし、を 表しているのですが、

  座敷わらびーちゃんについてのサイトの一つ

  (座敷わらびーちゃんは 今はもう作られていません)

もうひとりいるのです。

あとからできた、

座敷ワラピーちゃんという

同じ形のピンク色をした子がいるのです。

         *

結婚してから買ったのですけれども

なぜか この後から買ったピンクの子は

可愛いのですけれども

「わたしと主人」という風になっている

二人の座敷わらびーちゃんとは一緒に置けなくて

別のところに置いていました。

        ***

ファミリーコンステレーションの記事を読んだ時に

「あ、もしかして!

 あの ピンクの子は 私と主人の間の

 生まれなかった子なのではないか!」

と思いました。

         *

8週間で流産してしまったのです。

そういえば、そのピンクの子は

玄関の観音さまと 神社のお札が置いてあるところに

結婚式の二人の写真と一緒に 置いて飾っていました。

  それって、それって、もしかして

  神仏の世界、あの世ってことじゃないか~?

それで そのピンクの子を 私と主人を表している二子の間に置いてみました。

f:id:yulilove:20170117115158j:plain

そうすると、このピンクの子が 裸であるのが違和感を感じました。

寒そうじゃないかーー!

それで 思い立って、毛糸とかぎ針をひっぱりだしてきて

編んでみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・1時間で服を編みました!・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

編んでから着せて 二子の間に置いてみました!

f:id:yulilove:20170117115417j:plain

たまたま残り物の毛糸が

緑色と白だったので、こうなりました。

緑色、抹茶みたいな。宇治抹茶の色ですねーー。

やっぱり 宇治に来てよかったんじゃないか、と

こんな事でも 思います。

           

まだもう少し続きます。