読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

固い背中の感情 1

身体からのアプローチ 感情を解放する

体通訳カウンセラー トラウマ解放 柳澤由理です。

       ☆彡

年末押し迫ってきました。

今年の秋から始めたピラティス

年内最後のレッスンを受けてきました。

       ☆彡

ピラティスは一見ヨガっぽい動きをするのですが

動く前に、しっかり胸を動かした呼吸をして、

しっかり吸って

しっかり吐いて

腹筋を固めてから

横たわった状態で頭と上体を起こしたりするんです。

 ・・・結構 腹筋 鍛えます。

 筋トレと言ってもいいような感じです。

 

昔、ピラティスの本を大阪の図書館で借りた時

創始者のピラティス氏の晩年の写真を見ました。

筋肉隆々(りゅうりゅう)で、いかにもコアがしっかりしてそうな!

ボディビル的な筋肉ではなくて、使える筋肉って感じの、でした。

 

筋肉には感情や思考など人生を生きる時の、

その人特有の癖みたいなものが込められています。

 

骨と筋肉の境目のあたりとか

筋膜のあたりに「隠されたネガティブ思考」の「鍵」に

なっているような 激しい・深い感情が あります。

 

ボディワークを受けていると そういう過去の感情と思考が

出てきて、再体験することがあります。

 

それを恐れずに、しっかり味わいきると

「あぁ、だから私は 今まで@@だったのか」

というようなことがわかるし、

 

感じきって それと さよならすることができるのです。

        * 

私は 背中のまんなかあたりが固いので

今まで何のボディワークをやっても

仰向けになった状態から頭を起こし上体をまるめながら

上体を起こしていく、というエクササイズができません。

 

ピラティスでも この動きはよく出てきます。

これでもか、というくらい、背中をまるめる動きが

出てくるのです。

 

それを ふらふらになりながらでも 週に一回通って

やっていくと すこーしずつでも 背中が丸められるように

なってきました。

 

と同時に、そこにこもっている感情が でてくるのです。

どんな

感情だったか、というと・・・

 

長いので二回に分けます。