読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

心が揺れ動いてもいいんだ~~河合隼雄氏の本を読んで

前の記事から1週間

間があいてしまいました。

 

香川県までマスターカウンセラー講座を

受講して そこで「禁止令」をやめて

「人生脚本の書き換え」をするという

大きなワークを受けたので

 

しばらく 頭が ぽよぽよ してました。

 

(ぽよぽよしていたのは、
 自分のなかで「障害」となっていた、
 怒りまくる父 に 手を焼いた経験を
 手放したので

 自分のなかの 記憶 の 倉 に あき が できて

 ぽよぽよーーっと ぼんやりしてしまったのです)

 

   マスターカウンセラー講座 ←リンク

 

ぽよぽよしていた時に していたことがあります。

 

それは 河合隼雄さんという 日本にカウンセリングという

ものを はじめて伝えた、ともいえる方の 本を読み

ノートに 整理していく という作業です。

 

そうすると まるで 写経でもしているかのように

落ち着いてくるのです。

 

わたしが 読んでいたのは

「生きたことば 動くこころ」というタイトルの

大学の講義での 河合隼雄さんの語録をまとめたものです。

 

  「生きたことば、動くこころ」--河合隼雄・著 ←リンク

 

そこで ちょっと 感動したものを 書いてみます。

 

カウンセリングを10回受けるとします。

クライアントは1回目から10回目まで

階段をあがるように、綺麗に心が落ち着いていく

とは限りません。

 

あるクライアントは ある時は

「あぁ、私はこの苦しみがあったおかげで

 人生を深く感じるようになった!」と

目を輝かせていた、

かと 思うと、

その次の週に来られた時には

「あぁ、私はなんでこんな目に!」と

苦しみもがき、

そうかと思うと

その次の週は また「私は幸せです!」と

言ってこられる。

 

そういう揺り返しが 繰り返されるクライアントが

いるそうです。

 

それに対して 河合隼雄さんは

その大きな 明暗 の 反転が あるがゆえに

クライアントにとって 人生に広がりが出てくる

可能性があり、

そのカウンセリングで語られていくこと自体が

その人が何かを生み出す、オリジナルの人生を

描くことになっているんだ、、、

 

というようなこと を 語っておられました。

 

それを読んで

 

カウンセリングを受けていなくても

普通の人でも こころが揺れたり

迷ったりしますよねーー。

 

その迷いや 揺り返しの時に

「どうして私はこんなに 気持ちが揺れるのー!

 どうして私はいつも 安定しないのー!」

と 思われる方も多いかもしれないですね。

 

でも、河合隼雄さんの言葉によると

 

その プラスとマイナスと見えるような

揺り返しを 繰り返していくことは

行ったり来たりしながら

らせん状に上がっていく・・・ということです。

 

らせん状に上がっていく、という表現は

前にも どこかで聞いたことあります。

 

でも この河合隼雄さんの本には

 

その らせん状に上がっていくとき、

その中心には 自分が大切にしているものが

ある、というのです。

 

親子関係が問題になっている人は

こどもを中心にして

大きく円を描きながら、それが渦巻きのように

ばねの らせんのようにして 上がっていく

というのです。

 

そうして自分の人生を作っていっているのだ。

ということです。

 

そう思うと 私も 私の友達も 世界中のみんな

迷ったりしていい。

考えることが反転してもいい。

その迷いこそが 人生をいろいろに思い描くこと

になるんだ。

 

ということです。

 

「正解」はない。

「間違っている」もない。

もう、どんな道だって、いい。

 

そう思うと ちょっと ほっとしたのです。