読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

仏様のお顔が・・・ 弘法大師ゆかりの話(3)

昨日から続けて書いています。

 

弘法大師がお生まれになった地にあります、
善通寺には 四国八十八か所霊場の砂を集めた、
お砂踏み道場があります。

   総本山善通寺

そこをマスターカウンセラーの皆さんと一緒に
お参りしていました時、

  オープンカレッジのマスターカウンセラー
   http://www.openheart-college.com/

9番目の仏様の前で 足がはりついてしまい、
必要なことに気がついたら、足が動くようになった件は
昨日 書きました。
  

   足がはりついて動かない! 弘法大師ゆかりの話(2) - yulilove’s diary 虹色の人生

その続きです。

順番にまわっていき、半分以上お参りがすんだ頃、
微妙に お参りする仏様のお顔が どれもこれも

・・・どうも・・・母親の顔に似ているなぁ・・・

という気がしてきました。

 

私の母は 薬師寺の国宝・吉祥天女像とよく似ています。

     吉祥天女画像【国宝】慈恩大師【国宝】二天像-薬師寺公式サイト|Guide-Yakushiji Temple

 

ですから、仏像とよく似ていると言っても不思議ではないのです。

 

見ていると 「母は仏なり」という言葉が浮かんできました。

 

母は、人間ですから、
色々な気持ちの時がありますし、
完璧で無欠な神ではありません。

勿論、私も、これをお読みの皆様もそうです。

 

それでも、母は 自分の持てるあらゆる手立てを尽くして
私と姉妹を育ててくれました。

そのことに感謝しています。


そのことで 不足に思ったことはありますが、

 

それは わがままなこどもの気持ちからくるものとして

過去は水に流していこうと思いました。

 

セラピストとして、自分の心をみつめて
心身の調整をしていく時に、
過去の感情を吐き出すようにする時がありました。

しかし

それは「感情」を吐き出すのであって、

母がしてくれたことに 不足を言うのではないんだ、
と 改めて 見直しました。

 

不足を感じるのは 自分の心であって、

その当時、母は それ以上のことはできなかった。

母は できうる限りの愛情を与えてくれた。

と 思います。

 

もう「愛されてなかったこども」という前提で
物をみるのは やめようと思いました。

 

そういう風に、心を整理した時に、

 

ふっと 目の前の 仏様のお顔が

母の顔ではなく、普通の仏様の顔になったのです。

 

おぉ、そうだったのか。
これは、母の愛に気づけよ~というメッセージだったんだ!

 

と心を 引き締めて、 残りの仏様のひとつひとつに
手を合わせて、88のお砂を踏みながらお参りさせて
頂きました。

 

尊い学びだったなぁと思いました。