愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

足がはりついて動かない! 弘法大師ゆかりの話(2)

トラウマ解放セラピストの 柳澤由理です。

 

弘法大師ゆかりのお寺についての
ことを前ページから続けて書いています。

さて、

善通寺にお参りさせていただきました。

http://www.zentsuji.com/

 

善通寺というのは、弘法大師がお生まれになった地に
立てたお寺ということです。


そしてこの善通寺には四国八十八か所お砂踏み道場

というのがあります。

詳しくは リンクを見て頂くとして ↑↑↑

四国八十八か所のお砂を集めてあって、
一番から八十八番まで 順番に回ります。

すると 実際に八十八か所回ったのと同じことになる、
というのですね。

入口で 500円払います。
すると 5円玉を100個入った袋を渡されます。

それを一個ずつ入れながら 手を合わせていきます。

 

お寺も神社も 「何々してください」と拝みに行く所ではありません。

もうすでに あるものとして、

ある、ということを感じ、

ありがとう、ということを感じて、お礼を申し上げるところです。

 

その前日にマスターカウンセラーの講師の藤川さんから、
その話をこんこんと言われました。

わかってるつもりでも、ちょっと
まだ、自分が「愛を受け取っていない子ども!」の気持ちで
いるんだなということを その時 わかって 反省しました。

そして

そのお参りのとき、

「もうある、受け取っている」と思いながら

1番から順番に お参りしていきました。

すると、少しずつ苦しくなっていきました。

あるところで、

そこから足が動かなくなりました。

足が床から貼りついて 動かなくなりました。。。

 

その時目の前にあったのは

なんと

 涅槃の仏様でした!

 

涅槃、ご存知でしょうか?

 

仏様が横たわっておられて、あの世にいかれるところです。

そして 番号が 9番です!!!!

 

おぉ 9番か!

 

これは どういうことか と 申しますと

 

9番で、一の桁から十の桁へと移る、最後の数字です。

 

つまり 1から始めたことは9で終わりだぞ、と。
その次は もう10になるんだぞ。

これまでやってきたことは、そこで卒業しなさい、
ということなんだな。。。

と 思いました。

 

「受け取り」ではない。

受け取る前から もう すでにあった ということを

知りなさい、と 言われた感じがして。。。

 

そうか・・・「受け取ります」と言うのではないんだ。

 

自分がこの世に生まれてくる前から すでに用意されていたんだ。

 

すべての関係も すべての恩恵も すべての愛も すべての食べ物も

すべて 用意されていたんだ。

 

そして じぶんのなかにも あるんだ。

じぶんのなかにも あったんだ。

 

ある という ところに 自分がいるんだ。

 

ある いる どちらも ありがたいことなんだ。

 

と 思いました。

 

そして それまでの 卑屈なこどものこころは

もう 捨てよう と 思いました。

 

セラピストとして やっていくなら、
どんなことがあっても

最後は よかったです、よかったな、よかったよ~

ありがとう~! で締めくくる。


そういう文脈で 生きていかねば~

 

と、心を新たにしたら、

 

やっと 9番から 足が動いて、10番に移動できました。

 

うむぅむぅぅ。

 

深い・・・・。

 

 ちなみに八十八か所の9番目の霊場はこちらです。

 

四国八十八ヶ所霊場公式ホームページ:第9番札所 正覚山 菩提院 法輪寺

 

続きます。