セラピストのつぶやき トラウマとからだの記憶解放 柳澤由理

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

宇治 萬福寺の驚き(4)走るのが速い、韋駄天って・・・

萬福寺に行った時の

へぇーと 驚き感心したことを書いています。

      ・・・

4つ目は「韋駄天の重さ」です。

「韋駄天(いだてん)」というのは

走るのが早い仏様ですね。

       ・

どういうのんか、というと、

調べてみましたら、

もともとバラモン教の神様で仏教に取り入れられた神様です。

なんでも、仏舎利を盗んだ鬼を追いかけて取り戻したので

それから「足が速い」というのを「いだてん」と言うように

なりました。

「あいつは足が速い、韋駄天のようだ」とか言いますね。

       ・・・

前記事で取り上げました、

「布袋さん」のま後ろに「韋駄天さん」がいらっしゃいます。

(「さん」づけが ふさわしいかどうかわかりませんが

 なんとなく、私は 親しみをこめて さんづけしています)

         ・

撮影禁止とは書いてなかったので、

韋駄天さんに「撮影していい?」と聞きました。

韋駄天さんは 黄金で 凛々しくって とても綺麗なのです。

   そしたら

「・・・いいですよ」という返事がしたような?

 神様や仏様の像は あまり軽々しく写真に

 撮影するもんじゃない、っていう気がするので

 布袋さんも撮影しなかったのです。

 でも 韋駄天さんは あまりにも綺麗なので

 撮影したかったのですよ。

で、そしたら、驚くべきことが!!!!!!

     ・・・・・・・・・・

なにが起こったと思いますか????

      ・・・・・・・

       ・・・・・

        ・・・

    実は 撮影したとたんに

        ・・・

        スマホ

      重くなったのです!

         ・

        ・・・

       ・・・・・

     わぁ、こりゃ偉いこっちゃ!

       と 思って

 

    韋駄天さんの写真を削除したら

        スマホ

       重さは元通りに!

 まぁ・・・・・・・・・・・・・・・・

  まぁ、なんと・・・・・・・・・

      そうなのかぁ・・・・

          と

びっくりしたので ございまするよーーー。

 

それとね

韋駄天というのは 足が速いでしょう。

私が思うに 足が速いというのは

一瞬にして遠くまで瞬間的に移動する

というのに近いでしょう?

瞬間的に移動できるっていうことは

物事を先回りして見通す目がある、って

いうことじゃないかーと思うのね~。

 だって

遠い先のことが見えてないとそこには

行かないでしょう?

遠い先のことが見えてるから、そこに

行けるんでしょう?

 ね。

だから韋駄天は足が速いというのは

先を見通す目がある、先を読み取れる眼識がある、

それだけ頭が速い、ということだと思うのね。

 人の心を読み取れるということもだし

 商売の先を読むということもだし

 自然界の移り変わりもわかるということだよね。

そして

足が速いということは行動力があるっていうことだし。

行動する人だっていうことだ。

結果が出せる人だっていうことだ。

      ・・・・・・・・・

弥勒菩薩の化身である布袋さんがいらっしゃって

そのま後ろに韋駄天さんがいらっしゃるっていうことは

 つまり

未来において 迷える人々を救おうとされる弥勒菩薩

布袋さんとなって、そのまるいお腹 つまり

度量の広さ・円満なお人柄と富貴の心で人々を救う。

 そのサポート?として

韋駄天が 現れて、瞬時に 悪いものは追い払い?

取られたものがあるとすれば 取り戻してくれて

その素早さ、行動力の確かさが 裏打ちされている

と 読み取るのは 深読みしすぎだろうか?

       ・・・・・・・・

萬福寺に関する記事は ここまでです。

 また 行くことがあったら 普茶料理など食べてみたいです。

 萬福寺

http://www.obakusan.or.jp/index.html