読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

【仮説】呼吸で心が定まる

もう秋が深くなってきた。
今朝、起きる時 寒くなってきたので
身体が固いことがある。

      ☆

そんな時、固いところを探さずに
「気持ちがよくなるように動いてみて」
と、身体さんに頼んでみると

やわらかーに、ゆっくり動いてくれて、
ふぅーっと 息を吐く。

      ☆

知ってる人もいると思うけど

「深呼吸」は「無理していっぱい吸う事」ではない。
「深い呼吸」なんだ。「無理呼吸」ではない。

それには
「吐く」ことから始めると無理がない。

       ☆

先日 ある人の話し方が
ずーーーーっと 途切れのない、息継ぎすらないまま
ずーーーーーーっと 話されていた。

       ☆

ずーーーーーーーーーっと 続いていくので、
相づち の 入る余地すら なくて。

 

多分、話されている方は 話し相手(聞き手)の事を
忘れて、自分の頭のなかで こうやってこうやってと
延々と取り組まれていたことを 片っ端から話されていて

自分の世界に 入りこまれていたんだろうなぁ

という感じがします。

         ☆

でも それで いい。

         ☆

そういう話し方 そのものに その人の状態が

そのまま 現れていて、それはそれでいいと 思う。

         ☆

余裕のない人は 余裕のなさが 出ていたらいいし

悔しい思いを抱えている人は その悔しさを抱え込んでる風が
そのまま出ていたら、それはそれでいいと思う。

         ☆

でもそれを 相手にどう伝えて仕事で一緒にやっていくか
というのは また違う問題なんだな、きっと。

         ☆

これこれ、こういう事があって、私はあなたにこういう怒りを
感じているんだけど、でもね、それをなかなか言い出せなくって
葛藤しているところなんですよ。
・・・・なーんて 楽に話せる訳がない。

         ☆

だって、話す相手は、葛藤の相手ですよ。
怒りを感じている相手に向かって 怒っているということや
これこれをどうにかしてくれ、とか、依頼するのってなかなか
難しいことじゃないですか~。

         ☆

そういう時、息がつまっているんだ。きっと。

         ☆

相手に向かって

「話したって わかってもらいっこない~」という恐れや

今までにも話そうとして うまくいかなかったことなんかを

思い出して、凹んだりする。

         ☆

そういう時だから、こそ、まず呼吸をしてみよう。
息を吐く~。

なんでかっていうと分かってもらいっこない、と
どこかで思っている相手に 向き合うと

それだけで 息をとめてしまうから。

それで

息を吐きながら 感情を感じてみて~。

         ☆

感情を感じた時に

どこかで 感情感じたらいかん! って思って

抑えるから、

息を止めるんだ。

         ☆

息を吐いて~。

         ☆

大泣きしているこどもや

夜泣きしている赤ちゃんは

ひきつらせながら 息を数回吸って

それから ぎゃあーと 大きく息を吐くような吠えるような

泣き方をしている。

          ☆

だから あれは 泣いているんだけど

大人が泣いているのとは訳が違う。

あれは 吠えているに 近いものがある。

あれは はっきり言って 歌唱に近い。

歌唱と言ってさしつかえがあるなら、肺活動と言ってもいい。

          ☆

あの 大泣きを した子どもと

大人から だめだと言われて 我慢しちゃった子どもとは

何が違うか?

というと

あの、思いっきり大泣きする時の肺活動経験をしたか

していないか、だよ。

          ☆

反抗するこどもの てこずらせる、駄々をこねる動きは

実は

身体の発育になくてはならない動き、なのかもしれないよー。

          ☆

あの反抗期の 手が付けられない、てこずらせがない子は

駄々をこねる動き、胴体を思いっきりねじる動きを

していないということになる。

          ☆

それは 物凄い胴体の運動なんだ。

それを経験していない子というのは、胴体の強さの点で

違いがみられるのではないだろうか?

          ☆

息をしっかりと吐くと

もしかしたら大泣きがおさまるかも。

まわりの大人がきちんと息をしたら

大泣きがおさまるかも?

まわりの大人がきちんと息をしたら

こどもの反抗も 早くおさまるかも?

          ☆

反抗に手を焼く大人が 子どもの感情を抑えようとするとき

もしかしたら、呼吸をつめているのかもしれないよー。

          ☆

人に逆らう癖のある(こどもじゃなくて)大人も

もしかしたら むん!と口元で力をいれて

頑張って 人のエネルギーを遮るということを

しているのかもしれないよー。

          ☆

もしかしたら、呼吸一つで、心の乱れがおさまるのかもしれないよー。

まだ、仮説です。