読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

「恨み節だよ、人生は~」が変わる

感情を解放する

トラウマ解放 今までとは全く違う人生創造セラピスト

レインボーライフの 柳澤由理です。

      ++++++

前ページに

HFエネルギー・ヒーリングを

習いに行った

てことを書きました。

        ++

私のもともとやってきた

ヒーリングですが

 

HFエネルギーヒーリングを習ったことで

私のヒーリングが変容しました。

      +

進化しました。

     +++

先日、夜眠る時に、

左の手首に違和感がありました。

 手 と 腕 の あいだの 関節のところが詰まってる感がしました。

それで それを解放してみました。

 

その時にやったのは

HFエネルギーヒーリングではなくて

もともとの自分のヒーリングの方法だったのですが

HFエネルギーヒーリングの理解があったので効果が高くなりました

HFエネルギーヒーリングのおかげでもともとの私のやって来たヒーリングの世界観が変わり、効果が現れやすくなりました。

     +

すると 手側と腕側の境目の関節から

半端ないエネルギーが うわぁーーーーーー!

と あふれでてくるのです。

     +++

(あ、これは 私が感情と身体感覚が多いので、そう感じただけなので、

 ヒーリングをすれば、誰でもこうなる、て 訳ではありません)

     +++

そのエネルギーは めっちゃ「恨んでる感情」でした。

手首の関節から めっちゃ恨んでる感情が出てくる、

やなんて、普通じゃない!

      +

からだのどこかから、肩、腕、手首と通ってきて

手首の関節から どわわわわわ~~! と

溢れて 出て出て出て出て出て出ていきます。

まるで「妖怪ウォッチ」の世界です。

ポケモンGO」を地でいく世界です。

      +

出てきた恨みの感情は

こんな風に言っていました。

「いままで 何をやっても どれをやっても駄目だった~~!!

 私の時間を~~! 私のエネルギーを~~! 返せ~~~!」

うむうむー。

色んなセラピーを勉強してきたことの事を言ってるのかなぁ

と思いました。

         +

ダメだったじゃない、でしょう。

いっぱい解放しないといけないくらい、

沢山、どっさりあって、それで今日のここまで来てるんじゃない。

言ってみました。

        +

すると 恨みは ちょっと雰囲気が変わり

「私が 投げかけてきた思いも 心も 時間も すべて無駄だったぁ~!

 私だけが なんでこんな目に~~」

という声になり、

これは凄いおばけでした。

       +

その時、ふっと気づいたのです。

この恨みの能書きが どう というのではないなー。

恨みという感情、

「私が投げかけた心や時間は かえってこなかったぁ!

 無駄な人生だったぁ~!」

という悔いと 相手に「返せ」と言う気持ち

それと

「自分が思いをこめて 人につくしても 無駄だった」

という思い

こういう内容の話を

昔から よく 人から聞かされるなぁ、

と 思い当たりました。

      +

つまり、

恨んでいるねん!

という人の話を わりとよく聞いてきた

ということだ。

てことは

「恨み」という内容に なじみがあった、

ということだ。

      +

そういえば さかのぼってみると

母の愚痴とか

知人のおばさんの 長い人生のあれやこれやの話とか

そうだ、

旦那さんが病気で長年入院していたので

自分が働いて子供を育てたのに、

旦那さんは戦争でよそに行っている時に

他の女性と仲良くなって、云々ということを

発見した・・・とか、嫁姑のしがらみの話とか

そういう話をてんこ盛り、二十代の頃に

しこたま聞いたなぁ・・・

     +

それも 一言でまとめたら

「私がこんなに苦労したのに、あの人ときたら

 他に女がいて! 悔しい!」

という恨みの話だったなぁ。

・・・でも そのおばさん、恨みの話を

 ずーっとノートに書いていって、

 私にずっと話していって 何日もかけて

 話していって気がすんだのか、

 ある時急に、そのノートを破り捨てる

 ことができたんやそうや。

 それ以後、恨みの話は、一言も出なかった。

 仕事のかたわら、その恨み人生の話を

 えんえんと 聞いていったんやもんな~。

 ・・・・と思い出した。

(今から思い出したらそれって物凄い「傾聴」してたと思う)

      +

 もっと子どもの頃、おばけとか なんや、好きやったんやな。

恨んでいるお化けの迫力とか 真似したりして。

      +

その「強さ」

念の強さ、

存在感

みたいなものに 憧れたんやないかな。

      +

それで

私は 物事をなんでも恨みの方向に

捉えるようになったんやないかなぁ。

      +

それで「うらみ人生だよ、この世は」とか

「うらみの華が咲く 暗い闇の世界」

みたいな生き方をしてきてしまったんやないかなぁ。

      +

恨んでいるエネルギーが じゃんじゃん出てくるので

私はそれに向かって

どんな人生だったとしても、

 今、思い切って、恨みをやめて。

 自分のことを見てくれない人がいるとしたら

 そのことに執着するのもやめて

 今から残りの人生を 楽しく暮らしたらいいじゃないか。

 どんな恨みも苦しみも 手放したらそこから変わるのが人生だよ。

 つまらないことにこだわって苦しんできたとしても

 今まではそうだったとしても、今ここで断ち切ればいいさ。

と 言いました。

すると

恨みのエネルギーは

びっくりしていたようです。

《執着していることが 思いの強さが よいこと》

と思っていたようです。

      +

これまでは それが良いと思っていた。

 でも 今ここで 変えたらいいよ。

 そしたら これから

 美味しい、楽しい、嬉しい人生になるよ。

 執着していたことをこれからもずっと持っていても

 そこから何の幸せも生まれてこないさ。

 心の優しい人は他人から蹂躙される。

 踏みにじられるよね。

 苦しいよね。つらいよね。

 でも、そうやってそれを恨み続けていると、

 あなたが自分の心を踏みにじっているよ。

 あなたはもっと優しい人だったでしょう?

 優しくて穏やかなものが好きだったでしょう?

 それなのに、そうやって恨み続けて

 そこにこだわり続けることで、

 自分で自分の心の野原の草花を踏み潰すことになるんだよ。

 自分で自分の心を枯れさせるのは やめようよ。

 もう、十分だよ。

と言いました。

      +

すると 恨みのエネルギーは

もともと持っていた、恨む前のやさしさを思い出して

消えていきました。

      +

恨んでいる人っていうのは、

本当は

もともと、

物凄く 柔らかで 優しくて ナイーブで

思いやりがあって 温かな人だったのです。

      +

その温かさが 報われなかった時、

それは 物凄く 恨むのです。

その温かさ 親切さが 報われなくて

それどころか かえって相手から

誤解された、とか、受け取ってもらえなかった、とか

踏みにじられた、と 感じた時、

自分という人生の時間も

自分という人間が大事にしてきた尊厳も

自分という人間の人格も 踏みにじられたかのように思うのですね。

否定されたかのように 思うのですね。

     +

その思いを受け取って

その思いの向こうにある 本来ある姿を受け取って

その恨みの向こうにある 愛を受け取る

恨みは解消されます。

     +

そこまで 思いが 進んだ時、

「あ、もう、ここまででいいな」と思いました。

    +++

だから、

私の これまでの人生も 恨みの感情が

裏書されてきたものだった。

という観点で見た時に

すべてが 納得できる と思いました。

     +

何をやっても 最終的に「こんなはずではなかった」

と 考えていくような出来事になるように

無意識に選んでいく。

無意識に うらんでしまうような

無意識に うらみまーすーと言ってしまうような

方向に 物事をもっていく。

そういうことが多かったように思います。

     +

これって ブラックな魔法が 解けた

ということじゃないかなー

と思いました。

    +++++++

 

解放してから、

すごく、からだも心も軽くて

私、こんな軽さは初めてやないかな

と思った。

それもいっときだけやなくて、

丸一日続いてるんやわ。

これは凄いな。

また、何かあったら書きます。

++++++++++++++++++++++

これは 自分のもともとのヒーリングにHFエネルギー・ヒーリングを

混ぜた方法だったので、こういう解釈をしてしまいました。HFエネルギーヒーリングでは出てきたよのの解釈はしないのです。

私自身のやってるヒーリングは出てきたものを受け止めてそこをこうやね、て、言うのです。私自身が体の感覚があるヒーラーですから。

でもHFエネルギーヒーリングでは体の感覚があるなしを越えたヒーリングですから

        +

ひとにHFエネルギー・ヒーリングをする時は

HFエネルギー・ヒーリングの方法で。

自分のもともとのヒーリングをする時は

もともとの自分のヒーリングで、と

きちんと分けて とらえて やっています。