セラピストのつぶやき トラウマとからだの記憶解放 柳澤由理

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

感情解放02~溜めてた怒りを表現したら腹膜が。

レインボーライフの柳澤由理です。
(もう一つ「ビー・ナチュラル」というブログも持っています。
 良かったら↑こちらにもお越しください)

    ☆

はてなの「虹色の人生」には、深い深い身体感覚に
基づくものを 書いています。

    ☆

ワードプレスの「ビー・ナチュラル」には
ものごとの見方とか 考え方とか書いています。

    ☆

さてさて

ここんとこ、主人の足にふれて、
溜まったトラウマ感情を解放するヒーリングを
毎晩しています。

幼少時のトラウマ感情というと

大体が もともと遠慮のない感情 なのを

遠慮して 抑え込んでしまったがために

大人になって 微妙に 周りの人に

目立たない反抗をしてしまう、ということです。
(目立つ反抗っていうのもあるかも? でもそれはちょっと横へ置いておきましょう)

     ☆

毎晩主人のトラウマ感情を解放していると
一緒に取り組んでいる私も トラウマ感情を
手放すことになります。

     ☆

家族というのは 一緒に解放されていくものです。
一緒に変化していくものです。

     ☆

昨夜は 過去の怒りを感じて 泣いて怒っていました、私。

     ☆

過去の時のこと、
どっちが正しいも悪いも ないのですが
私としては その時の気持ちをわかってほしかった
という思いがありまして。

     ☆

で、私、とことん 怒りを感じて表現していました。

     ☆

主人は 主人なりの存在の仕方で

激しい感情は受け取らない人なんですよー。

静かーに している。

     ☆

これ、喧嘩には なっていないんです。

     ☆

私は
感情を出すだけ出したら お風呂に入って
先に寝ました。

布団に入ったら 横隔膜が活性化しているのに
きづいたんです。

     ☆

みぞおちから 横隔膜のあたりは 怒りの場所です。

     ☆

「そうか、そうきたか。ホカホカしてるなー」
と思いながら その夜は寝ました。

     ☆

朝起きたら、下腹の骨盤底筋のあるあたりが
活性化していました。


骨盤底筋のあるあたりにも 「膜」があるんですよ。

お腹の内臓の上の部分には
 お腹の内臓を包み込んで、肺と分ける横隔膜があり、
お腹の内臓の下の部分には
 お腹の内臓を包み込んで、
 骨盤の骨の内部にお膜(腹膜)があります。

お腹の内臓の中にも 膜(腹膜)があります。

      ☆

お腹の内臓をまるごとくるっと包み込んでいる
サランラップみたいな?)
膜がある、とイメージしてください。

      ☆

その膜はさまざまな筋膜とも連結していて
お腹の内臓を守っています。

      ☆

怒ったので 内臓の上部で「怒り!」で活性化し
すねて寝たので 下部で「恨んでる!」と活性化し
感情を認めたので 真ん中で「わかったか!」と
活性化した模様です。

      ☆

「怒り」を認めて「表現」すると
「活性化」して 「元気」になり
「やる気」が出てきます。

      ☆

「怒り」を否定して「私、怒ってません」と
言うと、
その人の体内に溜まった怒りのエネルギーが
行き場がなく、体内を荒らしてしまいます。

      ☆

体内を吹き荒れる怒りのエネルギーは
見た目にはわかりませんが、
「なぜか、自分に関わる人が怒っている人ばかり」
とか
「なぜか、私を怒らせようとする、
そんな挑発的に嫌味な人ばかりが寄ってくる」
という現象を生みますので、
思い当たるふしがある人は ご注意ください。

       ☆

感情は、すべてきちんと感じて、
認めて受け止めるといいです。

できれば 相手を責めるのではなしに
相手に 「私はこう感じている」と言う言い方で
受け止めてもらえるといいです。
相手に 「あんたは 何々だった!」と言うと
責めてる、と思われます。

 

     ☆

いや、ほんまのとこは
責めてもいいし。責めない方法で言ってもいい。
どっちでもいいんだけどね。

 

本当のところは
「こうだったの、こう感じていたの、それを受け止めてほしかったの」
と言ってるだけなんですけどね。

     ☆

抱え込んでいる怒りを 相手にぶつけることなしに
相手に 受け止めてもらうことが 大事ですが
できないときは、まず自分で自分の気持ち感情を
受け止めるところから 始めてください。