読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

昔、観音様がはりついたの件

昔、私がまだ30過ぎの頃

まだ何のヒーリングも勉強していなくて

太極拳を習っていただけの時期のこと。

太極拳を一緒に習っていた頃、

Aさんと知り合いました。

Aさんは顔が広くて

本場の中国の太極拳の先生や

他のお友達も紹介してくださいました。

Aさんはとても世話好きな方で、

その本場の中国人の太極拳の先生から

膝を治療してもらいながら

「Bさん」という「足が悪くて杖をついている友達」の

話をこんこんとするのです。

Bさんというのは Aさんのお友達で

たしか40歳頃の方、ご結婚されていて

足が悪く、大変苦労されているのだそうな。

Aさんは

「私はBさんのことがとっても心配だ!」と

Bさんのご苦労されているお話をこんこんと

されていました。

私はそのお話を聞いていてそのBさんがかわいそうに

思いました。

翌日私は、家の近くの、古くからある神社に行きました。

そこは龍神さんがいらっしゃるそうで、
お寺の小さいのもくっついていて、

昔からの神社とお寺が合体したようなところでした。

お寺のところには、

聖観音さまと

弘法大師さまと

お不動さまがまつられていました。

私はまずお寺の方に行き、

「私はAさんから聞いたBさんのことが心配です」

と祈りました。

「Aさんから聞いたBさんの境遇があまりにかわいそうなので

私もなんとかしてあげたいと思うのですが、

私はからだをみてあげる、とかそういうのはできないので

何でもいいです。私のできることでなにかBさんのためになることは

ありませんか? Bさんから何かいただこうとかそういうのは

一切ないので、何でもいいです。私を使ってくれませんか?」

そう祈ってから、

橋を渡り、神社側、池の祭壇のところに行きました。

池には龍神さんがいらっしゃるという話ですが
私はみたことはありません。

そこで手を合わせながら

同じことをお祈りしました。

「私ができることは何でもいいので、無償でお使いください」

とお祈りしました。

すると

驚くべきことが!

f:id:yulilove:20160803195323j:image

そのすぐあと、だと思うのですが

観音さまがあらわれたのです。

白い布をすっぽりとかぶって

お顔のところは見せてくださっていて

それはそれはそれは もう美しくて美しくて

ため息がでるような美しさでした。

それが白線の輪郭のような、

きれいな細い線で描いたかのような姿で。

みなさんも

大きな岩のところに観音様の姿を線で帆ってあるの、

どこかでおみかけしたことがあるかもしれませんね。

そんな感じでした。

白い光っている線の観音様は

なんと私の目の前にはりついたかのような感じで

私が右を見ても左も見ても、

観音様の線越しに、ものは見えても

観音様の姿の線は微動だにせず。

観音眼鏡でもかけたかのような

もしくは

私の頭のなかの、視神経のところに

直接入り込んで映像を見せているかのような

そんな感じでした。

そんな調子では、ろくに仕事もできません。

それで私は

仕事のあいまに

カレンダーの裏の白い無地のところに

マジックか筆ペンか忘れましたが

その観音さまの姿を描いてみました。

見えている姿は

美女的なのですが

私が描くとどうしても

丸顔でひとなつっこそうなお顔になるのです。

描きなおしてみようと思ったのですが、

できませんでした。

それでとりあえずその絵はそのままにして

Aさんに「これこれこういうことで」とお話しして、

2日後、お能の舞台を見る約束をしていましたので

そこでお渡ししました。

Aさんは一日か二日してBさんに渡されたそうです。

しばらくして、

AさんとBさんとお会いしました。

Bさんからお礼を言われ、絵は飾っています、ということでした。

Aさんは私から絵を受け取ってからBさんに渡すまでの数日、

絵を手元に置いていた時、目をつぶって絵の上に手をかざしてみたそうです。

「すごい熱く感じたわ、パワーあったわ、

ほんまかなーと思って何度も試してみたら、

ほんまにその絵のところは熱かったわ、、、」

と話してくれました。

さて、観音さまがはりついた状態で、

絵を描いたあと、どうなったか、というと

絵を描くまでは、私の顔から5センチくらいのところに

観音様がいらっしゃると感じていましたが。

描いたあとではそこから30センチ、50センチ、と

少しずつ離れていかれて、

そのうちに見えなくなってしまわれました。

その日の夜がくるまでに 見えなくなりました。

おられる時は、こんなに張り付かれていては、

観音様の線越しに、大根を切るとか

観音様の線越しに、テレビを見るとか

見えにくぅて しゃあない、と思っていました。

でも 見えなくなったら、今度は

なんか、もったいなかったなー、みたいな感じがしました。

それから20年以上たちました。

その頃は何のヒーリングも勉強してなかったし、

何の感覚もありませんでした。

ただ無心に お役にたちたかっただけの気持ちの

ところに、こたえてくださったのだと思います。

この時の話は あまりに突拍子もない話なので、

関係者以外の誰にも言いませんでした。

けれども

なんとなく、もう話してもいいよ、みたいな感じがするので

お友達にお話ししてみたら、

普通のことのように受け取ってくれたので、

そろそろ解禁してもいいかなー思いました。