読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

怖くて泣いていたのではなく 怒って泣いていた。

先日、友人の配信している動画を見ていました。

動画に合わせて自分の悩み解放に取り組んでみました。

☆彡

今の自分の悩みは?

そうだなぁ、

人と会うところのブロックがあるような?

だなぁ、

と思いました。

 

それでそのブロックの感情は?というと

そうやなぁ、「あかんやん!」とか

「情けないわ」とかそういう感じがしますね~

 

次に過去の出来事?

 

ふむ。何や知らんけど

今思い出したのは、子どもの頃にボイラー室に

閉じ込められたっていうのを思い出した。

 

狭い暗いところに閉じ込められて

めっちゃイヤやったんやなー

それは確か双子の姉と二人で閉じ込められたんや。

 

二人で

ぎゃーーーぎゃーーーわぁーーーわぁーー

泣いたのを覚えてる。

 

何をやって そこに閉じ込められたのか

覚えていないのだけれども

 

こわいーーーって言うのもあるけど

実は怒ってたの。

こわがって泣いてるっていうて

親が笑ってるのが悔しかった。

小さいこどもや、ってバカにして笑われたのが

くやしかった。

非力やで、小さいこどもやで、と馬鹿にして笑われたのが

悔しかった。

ボイラー室から出してもらえる時

☆彡

狂乱寸前やった。

もう死ぬかと思った。

マジであかんと思った。

出してもらった時、

よくぞ、私を閉じ込めたな!と怒りがわいた。

よくぞ、私をあざけり笑ったな!と怒った。

許さんぞ許さん!

とめっちゃ腹がたったけど、いかんせん、子どもだから

言葉や思いがついていかない。身体がついていかない。

☆彡

父に出してもらった時、父がにやにやと笑っていた。

よく父は子どもがかわいくて、よりも

自分より弱いものを小ばかにしたような笑いをしていた。

☆彡

父は自分よりも小さいものや

自分よりも浅はかなものを見てはよく馬鹿にしていた。

一般の家の主はよくやるらしい。

(祖父も同じ言葉を口癖にしていたから 記憶なのかもしれない)

☆彡

それを見て、

いつしか思い込んだ。

私は父に そういう弱いもの、ばかなもの、非力なものとして

そんざいすることを 求められている、と。。。。

要するに ばかものでいなさい と

できないこどもでいなさい と 求められていると

思い込んだ。

☆彡

こどもは「@@@はだめよ」と言われてもわからない。

言われた言葉の「@@@」を受け取り、

一生けんめい「@@@」をやってしまってから

あとから頭で「そうだ、これはだめだと言われたな」と

思う。

そういう「禁じ手」のルールがこどものころには

なかなか受け取れないものなんですよね。

だから

大人はやってはいけない見本を示すよりも

やったらいい見本をこどもに示すべきなんですよね。

☆彡

でもそこが、ま、わからなかったことなんですね。

こどものころ、小さいころに、なになにはだめ、を

いっぱいもらってしまった人は

「だめ」な私、という印象がぬぐえなくて苦労するんですねー。

☆彡

それで私は勘違いしてしまったんだと思う。

☆彡

だから小学生の時に男子にいじめられる時も

微妙に相手から「だめなお前」「つまらないお前」

「くさいお前」というのを求められているという

風に受け取っていたことも覚えている。

☆彡

だから私は生きていけばいくほど

だめな私を求められていると潜在意識的に感じて

頭では、あぁ、どうして私はこんな私なんだ、と思い、

潜在意識では どうしてダメな私が求められていて

相手の求めるようにダメな風になっていくのに

どうして相手の潜在意識は満足させているのに

どうして相手の本体からは ひどいことを言われるのだろう?

不思議でしかたなかった。

☆彡

潜在意識の声、といっても

思慮深い、知恵そのものといってもいいような

深いレベルの潜在意識ではなくて

浅いレベルの、意識のちょっと下くらいの

なんとのー無意識にやってまうのレベルの声を

聞いていたので、

そういう目にあったんですね。

☆彡

昔、人の心の声が聞こえる超能力者の

綺麗な家政婦さんのお話がありました。

その人の心の声っていうのも、

エゴ位のレベルなのか、

もっと深いレベルの声なのか、で

ずいぶん違いますよね。

☆彡

深い知恵を持っている人とそうでない人っていう差も

あるかもしれませんし、

同じ人でも潜在意識の深さのレベルによって

声も色々なんだと思います。

☆彡

私はこどものころ、

浅い潜在意識の声がわかったんやろなーと

思います。

☆彡

その後エゴだらけの自分で生きてましたし、

20代で、このままではいかんな、と気づいて

勉強しだしたのでここまで来れましたが。

☆彡

話はもとにもどして。

こどものころ、ボイラー室にとじこめられて、出してもらった時

めちゃ怒っていたのを思い出したのです。

それまではめちゃこわがって泣いていたのだと思っていました。

☆彡

確かに怖かったのもありますが、

怒ってもいたのです。

そしてこの私をこんな目に合わせて!

見ていろ! その時のことを後悔してやるぞ。

 

と思ったことも 思い出したのです。

 

そうして

私は無意識に 力を発揮しないように生きてきた

無意識に こわがりのまま留まるようにして

生きてきた。

無意識に親が「かわいいかわいい」と思うような

猫っかわいがりするようなこどもでいようと

いう心を持ちながら 生きてきた。

☆彡

それを自覚したとき、

私は自分の能力をため込みながら発揮させないように

して生きてきたんだなぁということがわかりました。

☆彡

それってめっちゃつまらないですね。

☆彡

力を発揮することは お金をつかうことと同じで

もったいない、こと、だったようです。

☆彡

使わないと、枯渇します。

自分の器が大きいにも関わらず、

めちゃ器が小さい人であろうとして生きてきた、

ということも実感しました。

☆彡

それに気づいた時、

昔からなんとなくもっていた

人間全体に関する怒り、

人類全体に対する恨みが消えたのです。

☆彡

それは薄い色でしたが、ずっと私の物事を見る時に

いつでもかかっていました。

まるで憎しみサングラス、恨みサングラスをかけっぱなし

だったかのような、そんな感じです。

それをとった時、

それは脳の中の見ることに関係した部位の脳が

クリアーになったのを感じました。

そこに憎しみと恨みのフィルターが本当にかかって

いたのですね。

とれてこそ、わかるのです。

かかっている間はわからないのです。

☆彡

長い文章になりました。

最後までお読みくださった方はいらっしゃいますでしょうか?

長くなってしまい、申訳ありません。