セラピストのつぶやき トラウマとからだの記憶解放 柳澤由理

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

ひろみの広い空17

その絵は花はそのまま可愛らしい花ですが、

枝が太くてなっていました。

ひろみは言いました。

「おばさん、花の枝がうまくかけないなぁ、と思って

何度もかきなおして、線をうえから重ねているうちに

どんどん太くなって、あーー、こりゃいかん、と思って

消そうとしたら、色が広がってしまって、

ああー、どうしよう、と思っているうちに、

細い枝が木みたいに太くなってしまったの。

えぇーーん。おばさんみたいにうまくかけないよー!」

ひろみの前に、ふわっと甘い香りがしました。

おばさんといっしょに焼いたケーキが目の前にありました。

気がつけば、ジェームスも一緒に三人でケーキを食べて紅茶を飲んでいました。

「おいしーい!」と、夢中で食べているひろみを見て、史子は言いました。

「ひろみ、あんたは、おなかがすいてる時に『わぁーー!』となって、

おいしいものを食べたら機嫌がなおるんじゃないの?」

言われてみればそうでした。

ケーキを食べているあいだじゅうは「うまく描けなかった!」という思いなどどこかへふきとんでしまうし、食べ終わる頃には、さっき「わぁー!」と言っていたことなんか、忘れてしまっているのです。

「あれー? 本当だぁ。おばさんに言われるまで忘れてたわぁ」とひろみは答えました。

「それだけ、このケーキが美味しかったということだね!おばさん。」

「はっはっは、それはいい!」とジェームスは言い、三人で大笑いしました。

ひろみはこの時、自分のなやみのパターンが少しずつわかってきました。