愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

ひろみの広い空15

翌日は朝からひろみは史子とジェームスと犬を連れて、近くの山に散歩に出かけました。

しばらく歩くと、広くなったところがあり、お花畑になっていました。

「うわぁー綺麗! なにこれー、とっても綺麗!」

ひろみは興奮して走り出しました。お花畑のなかをずんずん歩いて行きました。ひろみが歩き疲れて芝生に仰向けになっていると、おばの史子がやって来て、ひろみの顔を覗きこんで言いました。

「気持ちがいいだろう?」

「うん、気持ちがいいー!」

「真剣に真剣に頭を使いすぎたら、解放しないとねー。」

「うんー。」

「あなたは昨日の晩、自分は駄目だ、とか。何がやりたいか、自分でもわからない、と言った。」

「うん。」

「そりゃそうだ。だって、家と学校の往復しかしてないし、自分のことも世界のことも未知数でわからないよね。」

「ん。」ひろみは起き上がりうつむきました。

「だからこそ、こういう体験もしてほしいの。自分はどんなことが楽しいのか、どんなことに興味があって、どんなことに興味がないのか、自分でわかって欲しいんだ。」

「うん。おばさん、こんなお花畑、大好き!」

「でしょう?お花畑なんて土地を無駄に使うと言う人もいるけど、私はここが好きなんだー。」

「ここはおばさんがお花を育てたの?」

「もともとお花は咲いてたの。そこに、もっと種を植えてみたの。この土地にどんな花が合うのかなぁーと考えながら。」

「そうかー、何も手つかずのままの自然て訳ではないのか。」

「そうだよ。ひろみだって、あなたは自然のままでいいんだけど、髪はとかすでしょ? 歯は磨くでしょう? ごはんは食べるでしょう?」

「自然、とか、ありのままで、というのは、何もしない、というのとは違うのよ。自然体で生きるってこと。自然体でやりたいことはどんどんやっていく。のんびりしていてもいいんだよ。だけどやりたいことをやっていくと、自然にやりたいことが増えていくものなの。」

史子は一気にしゃべって、ひろみの額に自分の額を重ねて言いました。

「ひろみ、焦らなくていいよ。一気に、今すぐにやりたいことをいっぱいやりなさい、と言うのではないから。ひとつずつから始めたらいいんだよ。」

「うん。うん。」
ひろみは涙が出てきました。

「おばさん、やさしい。」

「やりたいことがみつからないくらい、未知数なことは、白紙だから、何だってやれちゃう。最高だよ!」

「そうなの?」

「そうだよ。頭が古くなると、頭がこりかたまって、あらあれはこうでないと、できない、とか。何々はやり方を知らないからできないとか。そんな事ばっかり言うんだよ。」

「それは、若い人でも言います。」

「でしょ? 若くて新しいパソコンでも、その中ソフトが超古!の概念ソフトを入れてしまったら?」

「ああ、そうか、外側は若くても中身が年寄になるのか。」

「そうよ。その頭の中の年寄のソフトが、外側の若い身体を年寄じみた風に使うのー。最低だよ!」

「あぁ、私、そうだったかも。」

「ある程度は仕方ないのよ。頭は真っ白では動かないので、ソフトはいれないと動かないの。だから、赤ちゃんとか小さい頃は親のソフトをコピーして、もらうの。」

「うんうん」

「ある程度使ったら、自分でカスタマイズできるからね。ただ、むやみやたらに親から貰った基本データを消さないで、きちんと消化して、変えていくのがコツなんだ。」

「おばさん、凄いねなんでも知ってる」

「私は親のソフトを削除しまくった、クチだからー。」

「やぶれかぶれで、飛びまわったから、何でも自分でやった。」

「おばさんは素敵」

「ひろみ、ありがとう。」

そこにジェームスが犬の散歩から戻って来ました。

ひろみはお花を少し摘んで持って帰ることにしました。