愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

ひろみの青い空9

「ひろみ、はい、これ」
と言って史子は1本の胡瓜をひろみに渡しました。
「おばさん、ありがとう。」
と、ひろみは受け取ってから
「あれ? これ、食べていいの?」と聞きました。
「そうよ、今から《おひる》にするから、持ってきたおにぎりとこれとで、お昼ごはんにしましょう。」
「わぁい! お腹が空いたなぁって思ってたとこだったんだ。おばさん、さすが!」
「私もお腹が空いてきたとこだったのよ。あっちの木陰に行きましょう。」
ひろみはもぎたての胡瓜を左手に、おばさんの作ってくれたおにぎりを右手に持って、左右交互にかぶりつきながら食べました。
「うひ。むふ。はひ。ふふん。」
言葉にならない感嘆符が溢れてきます。
無心になって食べていると、ひろみは涙が出て来ました。
「う、うわぁーん! おばさんのおにぎり、美味しいよぉ!」
「そうか、そうか、なら、もうひとつ食べるか?」
「うん!食べる! いいのぉ?」
「いいよ、いつもより沢山作ってきたから、まだあるからね。」
「うん、ありがとう!」
ひろみは史子からおにぎりを受け取り、食べました。

食べながら、ひろみはふと、思い出していました。
こういう楽しい食事は、幼稚園の頃はあったなぁ。いつからなくなってしまったんだろう? いつからお母さんはにこにこしなくなったんだろう? いつからごはんの時間が辛くなったんだろう?

「おばさん、こんな美味しい食事って久しぶり。食べ物の味もわかんなくなってた。」
史子は何も言わずに頷いていました。
「お母さんは、いつからお母さんじゃなくなったんだろう?」
「え?」
「お母さんは昔はちゃんと私のお母さんだった。弟と私のお母さんだった。」
「・・・」
「でも今は、お母さんなんだけど先生みたいな。」
「・・・」
「お母さんは、いつまでも子供じゃないんだし、とか、言うの。私、お母さんと仲良しでいたいだけなのに、あなたはもういいかげんに大人になりなさい、て言うんだ。」
「そうか。」
「でもある時は、私は自分で自分のこと、わかってるのに、やたらめったらあなたは子供だ、まだ自分のことがわかっていない!と言うし。」
「うん、うん」
「もう、なんでいつもお母さんと食い違ってしまうのか、わかんないよー。私はお母さんのこと、嫌いじゃないし、逆らうつもりもないのに、なんでだか、ぶつかってしまうんだぁー!」
ひろみは思いがけず、ぶちまけてしまいました。