愛されたかったら来なさい 愛されサクセスストーリー

もうなんでこんな人生なんやと思ったら宇治のゆりさん所まで来なさい。

二人の女性1 聖子と明菜

いつもみていて腹が立つ相手

いますか?

・・・・・・・・・・・・・

人は自分の写し鏡と言います。

ちょっと複雑な鏡です。

・・・・・・・・・・・・・・

数年前のことです。

ある女性Aさんが

「私、いつも腹が立つんよ」

というので

「誰のことですか?」

と聞きましたら

「友達のB子」

と答えました。

そのA子さんと友達のB子は

幼馴染の腐れ縁の友達なんだそうです。

互いにけん制しあっているそうです。

はっきりと目に見えてジャッジしてくるのはB子で

A子さんはB子のパワーに押されて

嫌なことは嫌と言えないのだそうです。

それだったらB子との縁は切ったらいいのでは?

と思うのですが

なぜかA子さんはB子に呼ばれると会いにいったり

してしまうそうです。

少し話をお聞きして

なんとなくつかめました。

A子もB子も独身アラフォー同士。

立場が似ているもの同士で

一緒に遊びにいったりするのだけれど

B子の歯に衣着せない言い方で

「あんたはそこが駄目なのよ」とつっこまれる

たびに傷つく、というのです。

B子さんは

いわば 昭和のアイドルで言えば

中森明菜スタイル」ですね。

つっぱり、と言いますか

はっきりしてるんですね。

そしてA子さんは 話し方とか

立ち居振る舞いが「松田聖子スタイル」

と言いましたら、

A子さんは

「そう! B子は本当に中森明菜タイプ!

 百恵さんのタイプと言ってもいい。

 ところどころ

 話し声に どすが利いてる!」

と 大喜びです。

A子さんが持っているという

B子の写真数枚を見せて頂きますと

「あれ? 明菜っぽいけど、聖子路線?」

と 思いました。

B子さんの写真が何枚かありましたが、

ぶりっこ聖子路線の演出をしているのです。

その中で1枚だけ「明菜っぽい」ものがありました。

「これは?」と聞いてみました。

A子さんはこれを見て、

「あぁ、これはB子本人は気に入ってないけど

 まわりから好評な写真、ということで

 『あんた、どう思う?』と聞いて送ってきたの。」

と答えました。

それから声をひそめて

「だけどね、実は これが一番彼女の普段の表情を

 出している写真なんよねー。

 ほかのいかにもお姫様~の

 ぶりっこしてるのとは違うでしょ。

 これが彼女の普段のよさなの。

 明菜タイプなの。

 しっとりしてるから百恵タイプともいえる。

 本人はこれが気に入らないみたいなんだけど。」

と言いました。

それを聞いてわたしは言いました。

「A子さん、あなたは

 B子さんのよさを理解しているんですね」

A子さんはびっくりしました。

「え、なにを! いつも喧嘩の一歩手前で、

 仲良くなんかないんですけど!」

「まぁ、そうかもしれませんが。

 あなたはB子さんが本質的に中森明菜もしくは山口百恵みたいな

 しっとりしていてどすが利いてるタイプ

 だと見抜いていて、

 でもB子さんはどこかで自分がきらいで

 ふわふわの松田聖子さんタイプになりたいと思っておられる。

 あなたはB子さんが聖子ちゃん的なぶりっこされるのを見て

 『そんなの柄じゃないよ、

  あなたはあなたのまま行きなさい』と言いたいんですね。」

A子さんはそれを聞いて

「そう! そうなの! なんでカメラを向けられると

 ひと昔のアイドルみたいに、目をぱちくりとあけて

 きらきらお姫様~! てやるんだろう。と思っていたの。

 そのままのよさがでているこの写真もいいじゃないの、

 って思ったの。」

と言いながら しっとりした写り方のB子の写真を指差した。

そうか、思った通りだったか。と思った私は

A子さんに もうひと押し言ってみようかと思いました。

「それなら、A子さん、あなたもですよ。」

これ、続きます。

「言いたいことは言っちゃだめ!」と思っている「いいひと」の皆さんへ

職場にも 友達関係にも

「いい人」って います。

「いい人」がいるから

職場が回っている

ということもあるにはあるのですが・・・

でも

その「いい人」は

ずーっと、ずーっと、そればっかりやっていて

ひとのミスの尻ぬぐいとか

ひとに頼まれたことを しんどいなぁと思いながら

どんどん引き受けていく。

「この人、これでは困るなぁ」とか

思うのだけれども

言えないでたまっていっちゃう。

そうすると「いい人」の寛容性が

限界に追い込まれていくんです。

・・・・・・・・・・・・・/’ぅ(TT)

 

「いい人」は 声をあげられなくなります。

いいよいいよ~と言って、我慢してしまいます。

 

「いい人」は 自分の疲労感にふたをして

どんどん疲れをためていきます。

 

「いい人」は 自分の人生やからだを

他人のためにすべてを捧げて尽くし、

自分のためには なぁんにも受け取りません。

 

「いい人」は疲れに疲れても 休めないので

家庭で 意味もなく ヒステリックにふるまって

しまいます。そうすると「家庭」が壊れてしまいます。

 

「いい人」の皆さん、

どうか、お願いです。

おうちでは きちんと休んでください。

そうして 自分に栄養をあげてください。

 

家の外で それがお仕事なんだ、と言っても

はりきりすぎないで

頑張りすぎないでください。

 

言いたいことを言う練習をしてください。

 

そうすると 「いい人」の皆さん、

 えええ! って 驚くのです。

 

え! 言いたいことを言ってはいけないんじゃないでしょうか!

言いたいことをそのまま言うと、人間関係が壊れてしまうのではないでしょうか!

 

そうおっしゃるのです。

 

確かに そう言いたくなる気持ちもわかるのです。

 

「言いたいこと」が
ネガティブだと思うとそうなりますねー。

 

「言いたいこと」や「感じていること」は
ネガティブとは限りません。

 

あまりに我慢し続けているひとは

自分の中にある気持ちや感情は

ネガティブ一色だ!

思い込んでしまいます。

 

気持ちのいいような、ポジティブな気持ちでさえも

「こんなことを言っては、相手が気にするだろうから」

と心配して、なぁんにも言わないのです。

 

ネガティブもポジティブも言わないのです。

マイナスになることを言わない代わりに、

プラスになることも言わなくなります。

 

それで

試しに マイナスに思っていることや

過去の 親に言いたかった わがままな一言も

言ってみるといいです。

 

受け身側としての言葉としては

こういうのがあります。

「お父さん、本当はね、僕はそれ、したくなかったんだよ」

「お父さん、僕はちゃんと言ってほしかったんだよ」

とか

「お母さん、美味かったよ」

「お母さん、なでなでしてほしかったの」

とかです。

 

受け身ではなく、自分からする側の立場になっての言葉では

こういうのがあります。

「本当はね、お父さん、ぼくは大好きだと言いたかったんだ。」

「本当はね、お父さん、ぼくはお父さんに認められたかったんだ。」

とか

「お母さん、わたしもやれる!と所をみせたかったんだ」

「お母さん、わたしはお母さんのためにやりたかったんだ」

とかです。

 

シンプルな感情のことばだったら

「私は 悲しかった・・・」

「私は 泣きたかった・・・」

「私は 腹が立つんや」

「私は 腹が立ってる!」

「私は こわい!」

「私は こわかったんや」

「大好き!」

「嬉しい!」

などです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日のセッションでも

我慢し続けてきた方が

言うに言えない気持ちを

胸のなかに封印してこられた、

という方がいらっしゃいました。

 

それで イメージの中で お父様に向かって

わがままを言うように 促してみました。

 

ぃゃぃゃ、それは、ぃぃぇ、それは、と

ご遠慮されていましたが

 

「相手に直接言えるようにするために、

これをするんじゃないです。」

と言いますと

 

   え? と言う顔をされました。

 

「胸の内側にたまっているのを

出すためのものなのです。」

と言いますと

 

   そうか、それやったら・・・

   と安心されて

 

「お父さん、それは手伝いたくなかったんや。

 手伝うの、イヤやったんや」

と 話されました。

 

「話されて、お父様のご様子はいかがですか?」

と尋ねますと

 

その方はにこにことされて、

  「はい、ニコニコしています」と答えられました。

 

その方の胸の中のお父様は ニコニコされていて、

  たぶん、口に言えなかった思いも 

  お父様はわかっておられたんだろうなぁと

  いうことです。

 

そこまで来た時に

少しずつ会話や言葉や思いについて

質問していきました。

「反対に言ってもらいたかったことってありますか?」

とか

「言ってもらいたいのに、言われてない!って思うこと、ありますか?」

とか

探っているうちに

 

本当の自分の初心が思い出されたようでした。

 

ご自分で

「あーーー、そうだったんだぁーーー!

私は、本当はこういう思いで始めたんだぁーーーー!」

と 感動されていました。

 

「言いたいことを言ってみる」をセッションでワークとして

する時は

「言いたいことを言う」ことが「できるように」

というのが狙いではなくて

「言いたいこと」を言いながら

「本当に言いたいこと」は何か?

「本当にしたいこと」は何か?

「本当に言ってもらいたいこと」は何か?

本当に相手からもらいたいと思っているものはなにか?

「本当に欲しいもの」は何か?

 

「本当の自分の気持ち」は何か?

ということに気づいていくための ワークなのです。

 

出して出していく。

つぶやいてつぶやいていく。

そうして ほろっと出てくるのが本音。

最後に 出てくるのが 本当の気持ち。

 

それが出てきたら、もう 言葉はいらない!

に なるんですねー!

ただのパンダやめます。

私は子どもの頃、耳が悪かったせいで

空気が読めない君だった。

 

まわりがやたら怒ってる環境で

育ったので「なんとかせにゃー」

と思いながら

 

家族に「バカにされながら」

生きてきたが

 

同時に

色んなことをかたっぱしから

勉強したり取り組んだり

してきた。

 

主な

テーマは

「その人はなぜ苦しんでいるか?」

「なぜ喧嘩が起こっているのだろうか?」

「どうしたらそれが収まるか?」

などだ。

 

自分のことよりひとのことが

優先だったから

自分のことに目を向けるのが

遅くなってしまった。

 

こないだ「箱庭療法」を受けたとき

自分をあらわす人形は「パンダ」を

選んだ。

 

ちょっと脱力ーーのボヤッとしてる

パンダが子どもの頃のわたし。

 

そしたら箱庭療法をみてくれる、

オープンハートガレッジの藤川さんが

「パンダって人気者でしょ」

と言う。

🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼

へ? 人気者?

あ、確かに動物園にパンダがいたら

訪れた人は、

まー、大抵パンダは見にきますね。

 

て、ことは、

わたしは人気者やったんかー?

もしくは

無意識に可愛いパンダを演じてた、て

ことなんや。

 

そうか!

意識してへんかったわー!

 

24時間パンダするのをやめて

必要な時だけパンダをやって

 

ひとにパンダのなりかたを教える

てなことかーー。

 

ふぅーん。

 

と、藤川さんと会話しながら

出てくる。

 

そのパンダをやってた、

てことと

パンダをやめる、

てことは

私には大きかった。

 

パンダはひとに甘えれる。

 

ゆったりと構えて生きている。

 

パンダのままやと

楽やけど

お商売はできひん。

 

誰かのお商売の道具にはなれる。

でも自ら商売をすることは

できひん。

 

カンフーパンダは別やけどね。

 

と思ったら

昨日の朝、すごー動きまわる

野生化したパンダが夢に出てきた。

 

パンダがーーー!

すばっしっこく早い!

カンフーパンダかーー!

 

開業届けも出したので

ただのパンダやめます。

てことやな。

今年から脱バレンタイン2

からだ通訳カウンセラーの

柳澤由理です。

 

前記事からの続きです。

http://yulilove.hatenablog.com/entry/2017/01/23/102944

 

甘いものの摂取を本格的にやめる

と決めた時に

どこからともなく、あの人が現れました。

 

あの人。

 

私の心の奥

私の性質の奥に潜んでいる

黒幕のあの方だ。

 

ヤーサンだ。

 

それは時々「私は好かれてない」

とか「私は愛されてない」とか

ひがみだす、とか

そういう《愛され度が低い!》と感じる

センサーのもとの所にいる。

 

ヤーサンだ。

 

めっちゃ目付きが悪い。

人を見る時の身体の崩れ方と言ったら!

めちゃ人に難癖つける!

 

人間は機嫌が悪くなったら

相手がどんないい人でも

どんな性質のよい物にでも

欠点をみつけて、難癖をつけ

自分はそれによって酷い目にあった!!!

タチの悪い被害者意識をもつ事ができる

・・・

そんな部分は誰しも持っている。

 

私のなかにある、それは

 

ヤーサンと言う姿形で

現れる。

 

 

 

ネーチャン

それはないだろう。

 

ワイの仕事なくす気かーー。

 

あんたが甘いもんを食うから

「もっと食わせろ!」

と言う無言の主張ができる、てことやのに。

 

あんたが甘いもんを食べなんだら

どうなる。

 

ワシのおりようが困るやないかーー!

 

 

 

それで私は

「全く甘いものを食べない、と

言った訳ではない。」

と言った。

 

ヤーサンは ホッとして言う。

 

そうか、

ほならワシらもひと暴れできる

てなもんやな!

 

暴れて貰うつもりはない。

 

ヤーサンは

 

睨んで

なんだと! このやろう!

と凄む。

 

 

もうあんたが睨んだところで怖くないよ。

 

あんたがほしいものは

偽物の愛され感

偽物の安堵感だろう。

 

 

なにを!!

とヤーサンが吠える。

 

 

偽物の安堵感だからもっと欲しいんだ。

 

本物の安堵感なら丁度いい位で

落ち着いて、その感覚は何度も

自分のなかで再生可能だ。

 

偽物の安堵感は砂糖の甘さによる

ものだから血液が不安定になる。

安定を求めてさらに求めてしまう。

 

感覚の中枢を微妙に壊してしまう。

 

自分を壊してしまうよ。

 

 

 

ヤーサンは言った。

 

おまえさん、そこまでお見通しなんか。

ほなら、ワイの仕事をなくすのか!

 

 

私は言った。

 

いや、

あんたはそこにいてくれるだけで

それでいい。

 

 

ヤーサンは

 

え、なんやと!

 

と、狼狽(うろた)えた。

 

 

 

私はなお言った。

 

そこにいてくれるだけでいい、

と言うたんや。

あんたはそこにいるだけで

その存在感は

私に訴えかけるものがある。

だから仕事はしなくてもいい。

そこにいてくれるだけでいい。

 

 

ヤーサンは叫んだ。

 

やめろ!

俺のことを

無条件で受け入れるのは

やめろ!

そんなことをしたら!

 

 

私は聞いた。

ん? そんなことをしたら?

どうなる?

 

 

ヤーサンは叫んだ。

そんなことをしたら!

そんなことをされたら!

無条件で受け入れられたりなんか

したら!

ワイは!

ワイは!

 

 

 

ヤーサンは

小さな赤ちゃんになりました。

 

。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ワァーンワァーンと泣く

小さな赤ちゃんになりました。

 

 

あー、よしよし

(i_i)\(^_^)

 

 

あー、よしよし

 

 

幼かった時の感情が

こうなってたんやなー。

 

 

よしよし

 

 

よしよし。

 

 

今年から脱バレンタイン1

からだ通訳カウンセラーの

柳澤由理です。

 

去年の夏の終わり頃に

オープンハートカレッジの

マスターカウンセラー講座の

動画を見ると

そこに 糖質制限食 と言う項目が

ありました。

 

秋からマスターカウンセラー講座に

参加し、少しずつ糖質を制限しながら

過ごしてきた。

 

年末年始にお餅を食べて

調子が元に戻ってしまった。

 

家の中ではお菓子を食べない。

そうするとすこぶる調子がいい。

 

外で食べてしまう。

 

でも食べる時はひろのぶさんと

一緒にいるときでないとだ。

 

ひとつのケーキをひろのぶさんと

半分こするくらいならまだよい。

 

一人で一個食べると砂糖をとりすぎだ。

 

夜中に手足が冷えてしまう。

 

今朝朝方に目が覚めたら

手足だけでなく

背中が冷えてた。

 

背中・・・・・意識を向けてみると

腎臓の上の方、これは副腎だな!

 

副腎に意識を向けると

「ハードワークやねん」

て言う。

 

すまない、

貰い物の豆の甘煮があかんかったな。

 

副腎は「わかってくれたらえーよ」

と言う。

 

手足の冷えに意識を向けた。

 

やっぱり手足の先の

毛細血管の血液の流れが悪いなー。

あのケーキ一個がこたえたかーー。

今年はバレンタインのチョコを

貰わないことにするわ。

毎年母がくれるけど先に断っとくわ。

 

そう言うと手足の先の冷えが

やんわりと治った。

 

煮物に砂糖を入れると煮汁がほどよく粘る。それと同じ作用で砂糖は血液を粘らせる。

 

うちには白砂糖はない。

黒糖が少しある。

それすら隠し味程度に

たまにしか入れない。

 

砂糖を本格的に摂取を抑える

と決めたら

どこからともなく

 

心の奥から

あの人が現れた。

 

続きます。

 

家族の座 その3 座敷ワラピーちゃんの服を編む

きらきら からだ通訳カウンセラー

トラウマ解放セラピスト 柳澤由理です。

 

「家族の座」について 2つ記事を書きました。

今記事はその続きで 3つ目になります。

 

いままで玄関先に置いていた

ピンクの 座敷ワラピーちゃんに

寝室に入れてあげて、

毛糸で編み物をして服を編んであげました。

 

毛糸で編んでいる時、

結婚して 子どもがお腹に授かって

その子にしょっちゅう話しかけていた時のことを

思い出していました。

 

その子は

「身体が大きくて

 お父さんにそっくりになるんだー」

と自慢げに言っていました。

 

生まれていないのですが、お腹の中の子と

心で会話していました。

 

胎児以前の段階で、胎児になりきれずに

自動的に流産してしまったのですけれど。

 

流れる日の昼間まで話していて、

ふっと会話が途切れて

夜に流れてしまいました。

 

その時 まるで産むときと同じように

陣痛がくりかえしやってきて 流れてしまいました。

 

その時 苦しかったけれども あまり泣きませんでした。

それ以後 まる一年は本当に苦しかったけれども

あまり涙を流しませんでした。

 

ピンクのぬいぐるみを わが子のように見て

毛糸の服を編んであげる時、無心になって

編んでいる自分をみて

 

あぁ、私のことだ、生まれていたら

ぜったいお洋服のいくつも作ってあげていただろうなー

毛糸でお帽子とか色々とまめに編んであげていただろうなー

 

 

そこまで思った時に主人が帰ってきたので

ピンクの座敷ワラピーちゃんに着せたのを見せて

f:id:yulilove:20170117122057j:plain

 あぁ、なんて 可愛いらしいことか・・・。

 

そして

主人に

これこれこうで と 説明して

 

「私はあの子が生まれたら 絶対編んであげていたと思う。」

と言ったら

主人は

「そうだね。あなたのことだから編んでいたでしょうね」

と答えてくれました。

 

その時

あの子に 編んであげたかったなーーーーーー。

という気持ちがわいてきたら、

 

その後、どんどん気持ちがわいてきました。

 

 

あの子を 抱っこしたかったなーーーーーー。

 

あの子に おっぱいあげたかったなーーーーー。

 

あの子を 時々主人に抱いてもらったりしながら

二人で「可愛い可愛い」と可愛がって育てたかったなーーーー。

 

あの子が 夜泣きしても よしよしと言いながら

あやしてあげたかったなーーーーー。

 

どんどん涙があふれてきました。

 

7年以上たっているし、普段は忘れて過ごしているのです。

頭の中にも置いていないのです。

 

多分つらすぎるから 切り離して 忘れて過ごしている

んだと思います。

 

だから 流産したあと 苦しんだけれども

あまり 泣いていない。

もっと泣けるのかもしれないけれども

 

日常を過ごすのに 邪魔になるという風に

思ったのか、

 

切り離すようにして 過ごしてしまいました。

 

 

泣く時は もう ことばじゃない。

切り離された、奪われたという感じ。

 その時の想い、状態は

 言葉にならないけど

 あえて言葉にしてみたら

 「返せーーーーー!」という感じでしょうか。

 

悲しみという言葉でもないみたい。

 

 

今、これを書きながら

しみじみと しみじみと 感じるもの。

くめども つきぬ想いは ことばにならない

失ったような、失った訳でもないような

奪われた感もするが 奪われてない感もする

 

 

親子の絆は切れるものではない。

あの世にいっても切れるものではない。

  と スピリチュアルカウンセラーの江〇さんは言うてはったなぁ・・・。

    なるほどなぁ。

 

 

生まれなかった子の魂は

あの世で幸せだと

思うけれども

私と主人の 深い潜在意識の中で

「子」の存在というものは 確固たるもので

ゆるぎなく存在しているんだ、と認識しました。

 

 

 

だから

年賀状に子どもの写真を載せるおうちの気持ちが

わかった と 思いました。

家族の座 その2 座敷ワラピーちゃん

きらきら からだ通訳カウンセラー トラウマ解放セラピスト

柳澤由理です。

 

yulilove.hatenablog.com

前ページからの続きです。

香川県まで月に一回通っています、オープンカレッジ

藤川教授メールマガジン「ファミリーコンステレーション」

について書いてあり、そこからの あぁ、そうか、と

思ったことについて書いています。

        * * *

自分の家族のなかに 何らかの事情で

生まれなかった家族、きょうだいというのがいた場合、

それを隠して過ごしていると、どこかにそのひずみが

あらわれます、ということについて書きました。

          *

          *

カウンセリングやセラピーで

昔の小さかった頃の自分がさみしい思いをした

という場合、

自分の小さい頃の自分 に 語りかけるという

ことをします。

その際、ぬいぐるみを抱っこして

そのぬいぐるみに向かって 

話しかける ということをします。

         *

それを思い出した時、

そういえば、ぬいぐるみ!

いつも 寝室に 座敷わらびーちゃんが二子いて

それが主人とわたし、を 表しているのですが、

  座敷わらびーちゃんについてのサイトの一つ

  (座敷わらびーちゃんは 今はもう作られていません)

もうひとりいるのです。

あとからできた、

座敷ワラピーちゃんという

同じ形のピンク色をした子がいるのです。

         *

結婚してから買ったのですけれども

なぜか この後から買ったピンクの子は

可愛いのですけれども

「わたしと主人」という風になっている

二人の座敷わらびーちゃんとは一緒に置けなくて

別のところに置いていました。

        ***

ファミリーコンステレーションの記事を読んだ時に

「あ、もしかして!

 あの ピンクの子は 私と主人の間の

 生まれなかった子なのではないか!」

と思いました。

         *

8週間で流産してしまったのです。

そういえば、そのピンクの子は

玄関の観音さまと 神社のお札が置いてあるところに

結婚式の二人の写真と一緒に 置いて飾っていました。

  それって、それって、もしかして

  神仏の世界、あの世ってことじゃないか~?

それで そのピンクの子を 私と主人を表している二子の間に置いてみました。

f:id:yulilove:20170117115158j:plain

そうすると、このピンクの子が 裸であるのが違和感を感じました。

寒そうじゃないかーー!

それで 思い立って、毛糸とかぎ針をひっぱりだしてきて

編んでみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・1時間で服を編みました!・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

編んでから着せて 二子の間に置いてみました!

f:id:yulilove:20170117115417j:plain

たまたま残り物の毛糸が

緑色と白だったので、こうなりました。

緑色、抹茶みたいな。宇治抹茶の色ですねーー。

やっぱり 宇治に来てよかったんじゃないか、と

こんな事でも 思います。

           

まだもう少し続きます。